27歳で職歴無しの無職が就職するための方法。30歳までに正社員を目指そう!

更新日:

高校や大学を卒業してから、就職せずにフリーターをする人は少なくありません。
夢を追いかけていたり、やりたい仕事がなかったりすると、とりあえず2~3年はフリーターをやろうと考えたりするようです。

でも、そのままダラダラとフリーターを続けてしまって、気が付くと20代後半になっていたということがあります。
フリーター生活は、責任もなく自由な時間も多いので、快適に過ごすことができるからですね。

しかし、若いうちなら良いかもしれませんが、年を取ってくるとフリーター生活も辛くなってくるでしょう。
仕事仲間は年下ばかりになりますし、周りからの目も厳しいものに変わってきます。

社会的立場の低さに不安定な収入となれば、結婚することもできません。
まだ27歳であれば正社員を目指すことができますから、早めに就職活動を始めるようにしてください。

30歳になる前に正社員にならないとヤバい理由

職歴無しのフリーターが正社員を目指す場合、27歳くらいが年齢的なピークになります。
未経験者を募集する企業の多くは若い人材を欲しがっていて、30歳を過ぎると未経験でも応募できる企業はほとんどありません。

若い方が素直で仕事を覚えるのが早いため、未経験者を雇うのであれば若いほど都合が良いわけですね。
27歳までに就職しておくと、30歳の時点で3年のキャリアがあることになり、一人前として働くことができます。

それを見越しているため、企業多くは27歳を上限に未経験者の採用を考えていることが多いです。

30歳以降の就職は経験値が求められる

30歳を過ぎてしまうと、未経験で応募できる企業は急に少なくなります。
普通なら新卒で就職して7~8年のキャリアがある年齢なので、未経験者よりも経験者を雇った方が効率的だからですね。

専門的な業界知識やスキルを持っていて即戦力になりますし、中には管理職を経験している人もいるのでマネジメント能力も期待できます。
30歳という年齢であれば、それなりの実績があることが前提なんですね。

よほどの理由が無い限り、30歳を過ぎた未経験者を雇う会社は無いでしょう。
未経験から教育して育てるのであれば、20代の若い人材の方が良いに決まっています。

フリーターのままで30歳を迎えると人生が詰んでしまうので、27歳までに正社員として就職できるようにしてください。

27歳で職歴無しの無職が就職するためのポイント

アルバイト歴をアピールできないか考える

職歴が無いのであれば、就職面接でアピールすることがありませんよね。
若さを売りにしたとしても、20代前半の応募者には勝てませんし、大きなアドバンテージにはならないでしょう。

なので、職歴無しからの就職活動においては、アルバイト経験から得たものをアピールすることをおススメします。

ただ、基本的にアルバイト経験が職歴とみなされることはありません。
3年間のコンビニバイト経験があっても、十分な接客スキルがあるとはみなされないわけです。

そのため、「バイト経験から成長できたこと」を中心として、アピール材料にすると良いでしょう。
仕事中の失敗から学んで成長できたというエピソードがあると、学習意欲がある人間として評価されるはずです。

現在まで3年間、地元のコンビニでアルバイトをしています。
接客から品出し、在庫管理など、店内での業務をすべて担当しており、アルバイトの中ではリーダーの役職として仕事をしています。

ただ、最初の方は失敗ばかりで、間違えて商品を廃棄したり、発注ミスなどを繰り返していました。
そこで、同じミスを繰り返さないために、自分用の業務マニュアルを作成して円滑に作業できるようにしました。

そのマニュアルを後輩の指導にも活用することで、新人教育の精度も高くなっています。
アルバイト経験を通して、業務の全体を俯瞰して把握する能力が身に付けたことが私の強みだと思っています。

このような伝え方をすれば、アルバイトであっても試行錯誤して仕事をしてきたのだとアピールできますよね。

アルバイト自体は職歴として認められませんが、そこで学んだことは立派なアピールポイントになるわけです。
なので、バイトによって成長した証を伝えられるようにしてください。

業績が好調な中小企業に応募する

職歴無しで就職活動をするなら、応募する企業を吟味しないといけません。
数打てば当たるというスタイルで書類を送り続けても、不採用が続いてしまってモチベーションが下がるだけです。

誰でも知っているような大企業では、新卒を求めているので27歳が応募しても門前払いでしょう。
知名度の低い零細企業でも、未経験者を雇うだけの余裕がありません。

なので、狙うべきは、勢いのある中小企業ということになります。
中小企業庁の発表によると、日本国内において、大企業は0.3%しかなく、残りの99.7%は中小企業が占めています。

380万社以上の企業があるので、その中には業績が伸びていて人手が足りていないところも多いです。
業績の良い中小企業は、給料や休日などの待遇も良いですから、かなり働きやすい環境だといえます。

でも、大企業よりも知名度が無いために、人材の募集が上手くいっていないという現状があるんですね。
そういった企業を狙って応募すれば、27歳で職歴が無くても就職できる可能性は高いでしょう。

中小企業の業績は、帝国データバンクや東京商工リサーチなどのサイトで調べることができます。
もしくは、企業ホームページを見ると主要取引先などが書いてあるはずなので、そこに大手企業が入っているかなどで判断してください。

従業員100名以下の規模であれば、未経験者を採用している企業は多いです。

これまで無職だった理由を説明できるようにしておく

企業の面接を受けると、無職である理由については必ず聞かれると思ってください。
27歳で無職は普通ではないので、その理由について明確に答えられないと、面接官の不安を取り除くことはできません。

企業からすると、「採用しても長続きしないんじゃない?」という不安があります。
一般的には自立している年齢ですから、職歴が無いことで責任感が不足しているという印象を与えるからです。

ポイントとしては、無職である自分に対する反省と今後の意気込みについて語ることですね。

  • なぜ仕事をしなかったのか?
  • 無職の期間中に何をしていたのか?
  • 就職しようと思ったキッカケは何か?

上記の3つの要点を押さえておくと、良いでしょう。

大学時の就職活動が思うようにいかず、卒業後に実家へ戻って就職浪人をしていました。

しかし、自信を失っていたので、ロクに就職活動をせずに自宅の部屋に引きこもっていました。
既卒の大切な時期に現実逃避をしてしまい、今では猛烈に反省をしております。

このままでは、社会に出られなくなるという不安があったので、近くの居酒屋でアルバイトをすることにしました。
初めての接客業で戸惑いがありましたが、お客様の反応がダイレクトに返ってくることに喜びを感じるようになっていきました。

お客様から「今日はありがとう」と言ってもらえた時に、嬉しくて感動したことを覚えています。
自分にも人の役に立てるという自信が持てたので、より責任のある仕事がしたいと思い就職を決意しました。

上の例だと、無職になった理由から卒業後の行動、就職に至る経緯まで、エピソード形式で分かりやすく説明できていますよね。
これであれば、面接官からの共感を得やすく納得してもらえるはずです。

威圧的な態度を取られても反抗しない

企業の面接を受け続けていると、中には圧迫面接をしてくることもあります。
「その年で就職できると思う?」などと、挑発したような質問をすることで、相手の反応を見るようなやり方ですね。

かなりイラっとすると思いますが、反抗的な態度は取らないようにしてください。
面接官は圧迫面接によって、応募者が忍耐強い性格なのかどうかを判断しています。

特に、27歳で無職であれば、「プライドが高くて扱いにくい」といった印象を持たれがちです。
そういった人は言うことを聞かないので、企業は採用したくありません。

だから、少しでもネガティブな反応をしてしまうと、確実に不採用になってしまうでしょう。

自己否定をされるようなことを言われても、素直に自分の非を認めて反省の姿勢を示すようにしてください。
たとえば、「27歳で無職なんて甘すぎるよ」などと言われたら、以下のような返答が望ましいです。

たしかに、おっしゃるとおりだと思います。
私と同年代の人は、5~6年のキャリアがありますし、自分の考えが甘いのは承知しております。

今の自分にできることは、どんな仕事にも全力で取り組んで、一刻も早くスキルを身に付けるということです。
簡単なことではないのは理解しており、人一倍努力する覚悟はできています。

自分の非を認めつつ、今後の意気込みを語れれば、問題ありません。
苛立つ気持ちを抑えて、冷静に受け答えができるようにしてくださいね。

就職エージェントを利用して効率良く就職活動をしよう

無職・フリーターから正社員を目指すなら、27歳はギリギリの年齢だといえますね。
27歳で就職すれば30歳で3年のキャリアとなるので、企業の戦力として活躍することができるでしょう。

このタイミングを逃すと、応募できる求人の数が少なくなるので、急いで就職する必要があります。

ただ、あまりに焦りすぎてしまうことで、ブラック企業に入ってしまうかもしれません。
ブラック企業は年齢不問で入れることが多いですから、内定が出ると喜んで入社してしまう人がいます。

それだと、休みなく働かされて体を壊したり、厳しいノルマを達成できずに精神的に追い込まれてしまったりしますね。
就職に失敗しないために、会社選びは慎重に行いましょう。

でも、社会経験のない20代だと、優良な企業を見つけるのは難しいと思います。
得られる情報に限りがありますし、選択の基準も持っていないので、正確に企業を見極められないはずです。

そこで、就職エージェントを利用することをおススメします。
プロのキャリアアドバイザーに相談しつつ就職活動を進めることができるので、失敗のリスクを抑えることができるでしょう。

カウンセリングによって自分に合った仕事を見つけられますし、将来性のある企業の求人を紹介してもらえます。

エージェントから紹介される求人は、ちゃんと審査を通過したものばかりなので、ブラック企業などはありません。
だから、安心して応募することができますね。

就職エージェントでは、就職活動に関わる全てのことをサポートしてくれます。

  • 求職者の適性に合った求人の紹介
  • 企業に合わせた応募書類の作成・面接対策
  • 面接スケジュールの調整
  • 給与や労働条件などの交渉代行

プロによるサポートがあれば、初めての就職活動でもスムーズに進めることができるでしょう。
失敗を防ぐためにも、就職エージェントを利用するべきです。

以下の就職エージェントは、20代の無職・フリーターを対象に求人を紹介しています。
かなり実績が高いので、ぜひ登録してみてください。

ジェイック

ジェイック

ジェイックは、25年以上の実績がある就職エージェントです。
Jリーグの東京ヴェルディのスポンサーを務めており、人材業界では大手の会社だといえますね。

既卒やフリーターからの就職に特化していて、なんと就職成功率は80.3%にもおよびます。

高い就職実績の秘密は、就職講座を開催してビジネスマナーや面接の受け方、自己PRの仕方などを指導しているからです。
これにより、初めての就職活動であっても、迷うことなく自分をアピールすることができます。

また、優良なホワイト企業の求人だけを20社紹介してくれ、その中から気に入った企業へ応募することが可能です。
しかも、書類選考なしで面接へ進めるので、かなり高い確率で内定をもらうことができますね。

社会経験がない人でも、安心して就職活動を進められるでしょう。


ハタラクティブ

ハタラクティブ

20代のフリーターや既卒を対象としたエージェントで、未経験から正社員を目指す人に専門特化しています。
未経験歓迎の求人を1,500件以上も保有しており、職歴がない人でも問題なく内定を目指すことができるはずです。

独自のカウンセリングノウハウを持っているので、求職者の隠れた魅力を引き出して向いている職種や業種を発見してくれます。
60,000人以上のカウンセリング実績がありますから、5~10年先を見据えた提案をしてもらえるでしょう。

応募書類の添削や面接対策もバッチリで、書類審査通過率91.4%、内定率80.4%という高い水準をキープしています。

-転職に関する基本知識

Copyright© テンショQ , 2018 AllRights Reserved.