意外な落とし穴が!転職エージェントを利用するときの注意点

更新日:

転職エージェントを利用すると、転職に関わる作業の大部分を代行してくれるので、非常に便利なサービスです。

仕事をしながらだと時間がありませんが、エージェントに代行してもらえばスムーズに転職を進めることができます。

そういった便利さもあって徐々に人気が高まっていますが、あまりに過信してしまってもいけません。

ここでは、転職エージェントを利用するときの注意点を解説します。

大手の転職エージェントだけに頼るのは危険

まず、転職エージェントに登録するなら、大手の総合型エージェントだと考える人が多いと思います。
「マイナビエージェント」や「Typeの人材紹介」、「リクルートエージェント」などが有名ですね。

もちろん、大手のエージェントだと求人数が多いですし、サービス内容も充実しているでしょう。

優秀なキャリアアドバイザーも、かなりたくさんいるはずです。

でも、大手の転職エージェントには、意外な落とし穴があります。

登録者が多いのでライバル争いがある

大手で有名なエージェントには、たくさんの登録者が集まっています。
数百人の求職者が毎日のようにやってくるので、それだけライバルも増え続けることになりますね。

もちろん、スキルの高い人に優先して良い案件が紹介されますから、明確な強みを持っていないと厳しい戦いになるでしょう。

転職エージェントは、人材が採用されたら紹介料を受け取る成果報酬のビジネスです。
だから、内定をもらえそうな人材をフィルタンリングして、優先的に求人を紹介していきます。

キャリアアドバイザーは、常時100~200名の求職者を担当しているので、すべての人に平等に対応するわけではありません
見込みの薄そうな人は、放置される可能性もあるんですね。

売上重視のエージェントでは、求職者の足切りが頻繁に行われています。
大手だからといって、万全なサポートが受けられるわけではないので注意してください。

求人の多さ=応募できる数ではない

大手の総合型の転職エージェントの最大の魅力として、求人情報の多さがあります。
あらゆる業界の非公開求人を大量に保有しているので、仕事選びの選択肢が格段に広がるわけです。

でも、求人が多いからといって、そのすべてに応募できるわけではありません。

キャリアアドバイザーは、面談を通して求職者のレベルを判断します。
そして、確実に内定が取れそうな求人だけをピックアップして、紹介してくるわけですね。

なぜなら、内定が決まって入社が完了しないと、企業からの紹介料がもらえないからです。

企業に応募しても、落ちてしまったら売上はゼロになります。
そのため、無駄撃ちを防ぐために、紹介される求人は絞られるということです。

実際のところ、大手の転職エージェントに登録しても、2~3件の求人しか紹介されなかったというケースはよくあります。

その案件が自分のニーズにピッタリ合っていれば良いのですが、必ずしもそうとは限りません。

求人数が多いからといっても、ほとんど紹介されないことがあるので注意が必要です。

企業に対する知識が乏しい場合がある

転職エージェントのキャリアアドバイザーは、企業の採用担当者と何度も打ち合わせをしています。

そのため、その企業の社風や業務内容、求める人材像など、詳しい内部情報を知っているわけです。

このような情報を知ることができるので、入社後にギャップを感じることが少なくなります。

ただし、大手の転職エージェントでは、アドバイザーが企業の情報を十分に持っていないかもしれません。

なぜなら、規模の大きなエージェントでは、分業制であることが多いからですね。
つまり、「企業への営業担当」と「求職者へのアドバイザー」が別になっているということです。

営業とアドバイザーの連携が噛み合っていないと、必要な情報が伝達されない可能性があるんですね。
そうなると、求人を紹介するときに、ミスマッチが生まれるかもしれません。

このようなミスを避けるためには、理想的な求人を見つけた時に、企業の営業担当とも面談の場を設けてもらうことです。
実際にその企業を見てきた人間から聞くことで、正しい情報を得ることができるでしょう。

転職エージェントは複数登録して比較するべき

これまで説明したように、大手の転職エージェントであっても、少なからず弱点があります。

ですから、複数のエージェントに登録して、それぞれの特徴を比較してみることが大切です。

大手の総合型エージェントから業界特化型エージェントまで、実際に登録してみて自分の目で確かめるようにしてください。

最も大切なことは、自分に合ったキャリアアドバイザーを見つけることです。

自分と相性の良いアドバイザーと出会うことができれば、転職に成功できる可能性はグッと高くなります。

最低でも、2~3社のエージェントに登録してみるべきですね。

キャリアアドバイザーとの面談で気を付けること

自分を大きく見せようとしない

面談でのありがちな失敗として、見栄を張ってしまうことがあります。
自分を大きく見せたいという欲求は誰にでもありますから、つい大袈裟なことを言ってしまったりしますよね。

たとえば、実際には普通だったのに、「営業成績はトップクラスでした」などと言ってしまったり。
思ってもいないのに、「残業や休日出勤も喜んでやります」などと言ってしまったり。

このような発言をすると、確かに印象は良くなるかもしれません。

でも、期待値が上がりすぎてしまうため、自分の実力以上の求人を紹介される可能性があります。

そんな会社に入ったとしても、付いていくことはできないでしょう。
周りからは期待外れだと認識されるので、社内でも肩身が狭い思いをすることになります。

それでは、転職の成功とは言えませんよね。
身の丈に合った転職をするためにも、等身大の自分で面談に挑むようにしてください。

転職する意思を明確に示す

今すぐに転職を考えていなくても、「良い求人があれば転職したいです」と伝えるようにしてください。

キャリアアドバイザーは、求職者に内定を取らせることが目的です。
なので、転職の意思を示さないと、積極的に求人を紹介してくれません。

自分の本気度を伝えることが、すごく大切なんですね。
「転職を成功させたい」という気持ちが伝われば、しっかりとサポートしてもらえるでしょう。

本気度を伝えるためのコツとしては、転職理由を明確に伝えることです。

  • こんな仕事をしてみたい
  • このスキル・キャリアを生かしたい
  • こんな経験を積みたい

など、目的を伝えるようにしてください。

転職理由がハッキリしていると、キャリアアドバイザーも求人を紹介しやすくなります。
「この人は目的意識がしっかりしている人だ」という印象を与えられるので、真剣にキャリアの相談に乗ってもらえるでしょう。

合わないキャリアアドバイザーは変更する

実際に面談をしてみると、担当者との相性が良くないと思うことがあります。
話しにくい雰囲気の人だったり、頼りなさそうな感じがしたり、生理的に無理だったり・・・。

どんな理由があっても、合わない担当者に無理に相談する必要はありません。
そういった時には、遠慮なく担当の変更を申し出てください。

気軽に相談できるアドバイザーでなければ、自分の本当のニーズを伝えることができませんし、条件に合った求人の紹介も難しいでしょう。

それだと転職に成功することはできませんから、お互いにとって損失となってしまいます。
だから、早い段階で新しい担当者に変えてもらった方が良いわけです。

自分に合ったキャリアアドバイザーの選び方は、以下のページを参考にしてみてください。

絶対に失敗しない転職エージェントの選び方

アドバイザーを1度変更して、それでもダメだった場合には、別のエージェントを利用したほうが良いかもしれません。

最終的な判断は自分で行う

どれだけ親身になってサポートしてくれるアドバイザーであっても、最終的な意思決定は自分で行わないといけません。

転職は自分の一生を左右するものですから、それを他人任せにしてはいけないわけです。

複数の企業から内定を受けた場合、転職エージェントが勧めてくるのは年収が高い企業です。
転職者の年収の3割ほどがエージェントの報酬になるので、年収が高いほど望ましいからですね。

もちろん、自分の目的が年収なのであれば良いのですが、別の部分に重きを置いている場合、ゆっくりと考えるようにしてください。

「自分が転職に求めるのは何なのか?」を考え直すことで、間違った選択をすることは無くなります。

キャリアアドバイザーに任せっきりになるのではなく、自分の基準で判断できるようになってください。

複数の転職エージェントから同じ求人に応募しない

複数のエージェントに登録すると、同じ求人情報を紹介されることがあります。
その求人に応募するのであれば、1社からにしてください。

2社以上のエージェントでバッティングすると、後でトラブルになるかもしれません。
仮に内定が出たとしても、後で取消になる可能性があります。

そうなると、転職エージェントからの心象を悪くするので、それ以降の求人を回してくれなくなったりしますね。

自分がキャリアアドバイザーの立場だったら、良い印象を持たないでしょう。
せっかく案件を紹介したのに、別のエージェントからも応募していたら、モチベーションが下がると思います。

社会人としてのマナーでもありますから、転職エージェントに対しては最低限の敬意を払うようにしてください。

以上、転職エージェントを利用するときの注意点を紹介しました。

色々なサービスを受けられるエージェントですが、何でも任せっきりになってはいけません。
キャリアアドバイザーに丸投げするのではなく、自分の考えをもって転職活動をすることが大切ですね。

-転職エージェントの基礎知識

Copyright© テンショQ , 2017 AllRights Reserved.