30代でキャリアアップするには?キャリアアップ転職を成功させる秘訣

投稿日:

30代のキャリアアップ

一般的に、20代でビジネスマナーや仕事の基本スキルを身に付けて、30代で専門スキルを磨くというのがキャリアアップの王道ルートだとされています。

たしかに、これは間違いではなく、多くの場面で当てはまることでしょう。
市場価値の高いスキルを持っていれば、他社へ転職した時に好待遇で迎え入れてもらえます。

しかし、具体的にどのようにすれば良いのか分からない人も多いでしょう。
自分なりにスキルを磨いても、そのスキルが市場で価値があるとは限りませんし、転職するにしてもうまくアピールできないと意味が無いわけです。

やり方を間違えると逆にキャリアを下げることにもなるので、30代で転職するときには気を付けなくてはいけません。

ここでは、30代でキャリアアップ転職を成功させる方法を紹介します。

30代の転職市場について

即戦力が前提なので経験や実績が求められる

20代で転職する場合と30代で転職する場合では、大きな違いがあります。
それは、20代で転職する場合はポテンシャル層としての採用もありますが、30代になると基本的に即戦力としての採用になるということです。

そのため、応募したい求人があった場合、求人の業界・職種と今までの自分の経験業界・職種が大体合致していることはもちろんのこと、それ相応の経験・実績を証明しなければいけなくなります。

過去の経験を活かして入社後にすぐに活躍できることを証明しないと、内定をもらうのは難しくなるということですね。

未経験職なら相当なメリットを提示しないと難しい

経験のある職種で即戦力であることを証明する必要があるくらいですので、もし仮に30代から未経験の職種に応募する場合には大変です。
経験者と比較されて勝たないといけないので、それ相応のメリットを提示しないといけません。

今までの経験から応募する職種に応用できるスキルをアピールしたり、その企業で働きたいという熱意をアピールしたり、色々な工夫が必要となりますね。

ただ単に応募するだけでは採用されませんから、戦略的に考えることが大切です。

30代後半で求められるのはマネジメント能力

もし30代後半でキャリアアップ転職をしたいとなったときは、プレイヤーとしての経験・実績に加え、マネジメント能力が求められます。

その業界でも有名なハイプレイヤーであれば別ですが、基本的に30代後半くらいからは現場をまとめることで組織として実績を出すことを求められるからです。

だから、小さなチームを持って部下を率いた経験がないと、30代後半からのキャリアアップは難しいですね。
将来的にキャリアアップを目指すなら、30代に入ったくらいからマネジメント能力を磨いておかないといけません。

30代が日々の仕事の中で意識するべきこと

仕事に緊張感をもって向上し続ける

それでは、今後転職を少しでも考えている30代は、どうやって日々の仕事の中で市場価値を上げていけばいいのでしょうか。

まず大原則、仕事に緊張感を持って向上し続けることを忘れないでください。
30代ともなると、仕事に慣れていることは当たり前で、どうしても前々からの仕事の延長線上で何となくこなしがちになってしまいます。

そのため、日々の仕事を何の代わり映えもなくこなしてしまい、全く成長実感がわかないということが多々あるのです。

しかし、あくまで成長するかどうかは自分次第でしょう。
日々の緊張感を持って自分を追い込みながら、新しい仕事を自分で作っていくことが、30代で更に伸びる人と伸びない人の差ともいえますね。

積極的に外に出て社外のネットワークを構築する

30代ともなると人間関係も一定固まってきて、心地よい場に留まり続けてしまいがちです。
しかし、より高みを目指すのであれば、積極的に外に出ていつもとは違った社外のネットワークを構築しましょう。

社外の人と会うことで、今までとは違った刺激を受けることができます。
同い年で自分より優秀な人に出会い、それが刺激となって更に仕事を頑張ろうと一念発起することもあるでしょう。

もしくは、メンターとなるような優秀な先輩を見つけることで、その後のキャリアが更に開かれるかもしれません。

30代で陥ってはならないのはマンネリ化です。成長が停滞しないように新しい人と出会うことは非常に重要なのです。

適度にストレスを発散する癖をつける

30代という年齢は、とてもストレスが溜まりやすい年代でもあります。
ちょうど中間管理層としての仕事を任される年代ですから、日々のストレスも尋常ではありません。

そのため、適度にストレスを発散する癖を付けなければ、精神的にやられてしまいます。
一度、精神的な病となると癖になり、その後のキャリアに大きく影響を及ぼすため、ストレスを抜くことも社会人としての重要なスキルです。

焦る気持ちもあると思いますが、精神的な負担を感じたら必ず休むなり、遊ぶなりしてストレスを発散させましょう。

常に客観的な視点から自分を評価する

30代ともなると、職場にも仕事にも慣れてきているため、どうしても自己評価が高くなりがちです。
しかし、傲慢こそ成長を止めてしまいます。

30代でも成長を続けるためには、常に客観的な視点から自分を評価し戒めなければいけません。
自分は何ができていて、何が足りないのかを冷静に分析し、成長のために常に挑戦をし続けるべきなのです。

自分に足りないものが分かれば、それを伸ばすことができますよね。
客観的に分析しないと努力の方向性も分からないので、第三者に相談するなりして自分を見つめ直すことを忘れないでください。

自分の理想とするメンターを見つける

20代とは違って30代では、教わるよりも教えることの方が多くなります。
そうするとインプットの総量が減ってしまい、自身が成長する機会が減ってしまいます。

そのため、自分の理想とするメンターを見つけることで、教えてもらう回数を増やしましょう。
常に自分よりもできる人に教えを請うことで、更に社会人としての成長が見込めます。

すでに自分が進みたいキャリアを実現している人や業界で実績を出している人など、自分よりもすごい人はたくさんいるはずです。
そういった人から新たな知見を得ることで、自分を成長させることができるでしょう。

転職する前に考えるべきこと

今後のキャリアに影響するので安易に転職するべきではない

「社会人として実績も積んできたし、そろそろ転職かな?」とふと思った方は、本当に転職するべきか否か一度じっくり考える時間をとることをおすすめします。

転職とはメリットもありますが、デメリットも存在するからです。
日本市場において、転職回数が多いことはキャリアに大きく影響してしまいます。

「今回が初めての転職だから大丈夫」と思っている方も、油断は禁物でしょう。
もし転職先に馴染めずにすぐまた転職することになると、転職癖がつきジョブホッパーになりかねません。

海外ですとジョブホッパー的に動く方も多いですが、日本では間違いなくキャリアの上で大きなマイナスになってしまいます。
転職が無駄にならないためにも、よく考えてから行動してください。

転職しなくても不満を解消できる方法を考える

まずは、転職をしなくても良い方法から考えてみてください。

そもそも転職しようと思ったのは、現職に少なからず不満を感じているからですよね。
しかし、多くの方はその不満について解決策を見つけようとせずに退職・転職してしまいます。

実は、会社と話し合えば解決できたなど、自分が何か動き出せば解決できる不満は多いものです。
不満がでたらすぐ転職というのは今後のキャリアを考える上でも全くもって良くない手段ですので、一度本当に不満を解消できる方法がないのか考え抜いてみてください。

どうしても解決できない問題があれば、その時に初めて転職を考えるようにしましょう。
問題を解決しようとした実績があることで、転職した際にも矛盾の無い転職理由を語ることができるようになります。

転職するなら転職で実現したい目標を明確にする

「それでもやっぱり転職だ」となったならば、転職で実現したい目標を明確にしましょう。
なぜならば、「なんとなく不満が解決できないから」という理由で転職をすると、先述したように短期間で何度も転職を繰り返してしまうジョブホッパーになりかねないからです。

転職の目的が明確なら会社選びで失敗を防げますし、着実にキャリアを積み重ねることができます。
無意味に転職することは失敗の原因ですから、最初に目標を設定することを忘れないでください。

求める条件について優先順位を決めておく

実際に転職を始めると、複数社の選考を受けることになると思います。
そして、もし最終的に複数社の内定をいただいた際に大事になるのが、求める条件の優先順位です。

先程の実現したい目標と同様、転職をしたい理由も様々かと思います。
条件面や労働時間、社風や仕事内容など、職場を変えたい理由は多くあるでしょう。

しかし、その中でも何を一番大切にするのかで、どの会社に入社するのかは変わってきます。
自分の軸をぶらさないためにも、求める条件についての優先順位は早い段階で決めておきましょう。

先に会社を辞めるなら3ヶ月分以上の生活費を貯めておく

転職活動をするなら、できるだけ在職中に行うことをおすすめします。
なぜなら、離職してから転職活動を行うと、収入が一切ないことで精神的に安定して転職活動を行えなくなるからです。

もし退職後に転職活動をする場合は、最低でも3ヶ月以上の生活費を貯めておきましょう。
失業保険を受けるにしても3ヶ月の待期期間があるので、自己資金で3ヶ月分の生活費は絶対に必要となります。

生活できる資金があれば、余裕をもって転職活動を行えるはずです。
焦って妥協する必要もありませんし、納得のいくまで自分が求める会社を探すことができますよ。

いつまでに転職を終わらせるか日付を決める

もちろん在職中だから、貯蓄が豊富にあるからといって、期限を区切らずに転職活動を行うのはNGです。
期限を決めておかないと、いつまでもダラダラと活動期間が延びてしまいます。

すると、次第にモチベーションが下がってしまい、第一志望ではない企業に妥協して入社してしまうことになりかねません。
そんな企業に入っても後悔するだけですし、短期間で辞めることになるでしょう。

いつまでに転職するかという期限を決めておけば、それに間に合わせるようにスケジュールを管理できるので、モチベーションを保ったままで活動できます。
なので、具体的な日付を決めて、ゴールを設定するようにしてください。

キャリアアップ転職を成功させる方法

自分の強みの証明になる実績やエピソードを用意する

30代からキャリアアップ転職を成功させるには、自分の強みの証明になる実績やエピソードを用意しておくことが重要です。

とりわけ20代のときと違い、即戦力として入社することが求められますので、入社したらすぐに活躍できる人材だと思わせる具体的な実績・エピソードが良いでしょう。

◯◯社に△△製品を☓☓円で受注した、など公開できる範囲の情報で、詳細を語れると非常にいい感触が得られるはずです。

40代・50代のキャリアプランを明確にしておく

30代とはいえ、中長期的な伸びしろを提示するのも大事です。

30代で即戦力として入社する方には、その後会社の中核を担う人材になることも期待されています。
そのため、今後も成長する余地があるのかということを見定められているのです。

その際に大事なのが、40代・50代のキャリアプランとなります。
キャリアプランが明確なほど、成長していく意思がある人物だとみなされ、評価も上がるはずです。

より高いスキルを身に付けるなら大手企業を狙う

成長欲求が高いと自覚している場合は、より高いスキルを身につけるために大手企業を狙ったほうがいいでしょう。

大手企業には、切磋琢磨できる優秀な人材が多く存在するとともに、研修などのサポート制度も充実しています。
また、末端の下請け業者とは違って、上流工程の仕事ができるので、高いスキルを身に付けることができるわけです。

成長欲求が高い人には、成長する機会が多く用意されている理想の職場といえると思います。

役職を目指すなら勢いのある中小・ベンチャー企業を狙う

人によっては、30代・40代で早く役職付きになることを転職の軸に置く人もいるでしょう。
その場合は、勢いのある中小・ベンチャー企業を狙うことをおすすめします。

成長中の中小・ベンチャー企業では、組織が拡大していくにつれて様々なポストが必要です。
なので、中途採用から幹部候補を募集することも多く、転職しすぐに管理職として採用されることも珍しくありません。

また、実力主義であることが多いため、そういったポストの若手が抜擢されるケースも多いといえます。

30代のキャリアアップを実現するなら転職エージェントを利用しよう

先述したように、30代で転職する際には即戦力が求められるため、どれだけ自分をアピールできるかが大切です。
どれだけ高いスキルを持っていても、それをアピールできないと意味がありません。

逆に言えば、応募する企業のニーズに合わせたアピールができれば、平均程度のスキルであっても内定をもらうことができるということです。
なので、自分の見せ方を考える必要があるでしょう。

ただ、企業によって求めるものが異なりますし、的確に自分をアピールすることは簡単ではありません。
入念な企業分析が必要になるので、転職に慣れていない人だと難しいと思います。

そこで、転職エージェントを利用することをおすすめします。

キャリアアドバイザーが担当に付いてくれるので、応募する企業に合わせて応募書類の作成や面接対策などを行ってくれるわけです。
自分の魅力が伝わるように対策をしてくれますから、かなり高い確率で内定をもらえますよ。

また、紹介される求人は、一般には出回っていない非公開のものです。
給与や条件などの待遇が良いものばかり揃っているので、自分で転職活動をするよりも圧倒的に効率良く進みます。

以下のエージェントは、実績が豊富で当サイトでも人気が高いです。
無料で利用できますから、ぜひ使ってみてください。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

業界最大手のリクルートエージェントです。
人材業界で50年以上もの実績があるため、全国の様々な企業と太いパイプを築いています。

保有している求人の90%が非公開となっており、その数は10万件以上です。
業界でもトップクラスの求人数ですから、自分に合った企業と出合える可能性は高いでしょう。

また、キャリアアドバイザーの質が高いのも特徴ですね。
全国に470名のアドバイザーが在籍しており、各業界・業種に精通している人材が豊富です。

最新の業界情報や転職動向にも詳しいですし、過去に膨大な転職実績もあるので、的確にキャリア相談に乗ってもらえます。

土日祝や平日20時以降も対応可能なので、仕事が忙しくても利用できますよ。
リクルートエージェントは、確実に登録しておいてください。


type転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェントは、人材紹介業で20年以上の実績を誇る株式会社キャリアデザインセンターが運営しているエージェントです。
東証一部上場企業ですから、幅広い業種の企業と繋がりがあります。

特徴としては、転職者の71%が年収アップに成功していることですね。
キャリアカウンセリングによって、応募者の強みを的確に理解して、能力を活かせる企業を紹介することで年収アップを実現しています。

転職によって年収が下がる人は多いのですが、type転職エージェントを利用すればキャリアアップを実現できるでしょう。

保有する求人の80%が非公開求人となっており、かなり条件の良い優良企業の求人がたくさんあります。

自分で転職活動する上では絶対に見つからない企業と出合えるので、それだけでも利用価値は高いですよ。

特に、関東の一都三県の求人に特化しているので、一流企業の求人が多いのが大きなメリットです。
キャリアアップを考えているなら、登録しておきたいエージェントだと言えます。

-転職に関する基本知識

Copyright© テンショQ , 2018 AllRights Reserved.