第二新卒でキャリアアップするには?キャリアアップ転職を成功させる方法

投稿日:

第二新卒のキャリアアップ

就職して数年もすると、だんだんと社会の仕組みが分かってくると思います。
仕事にやりがいを感じられるかもしれませんし、やってみると想像とは違っていて会社に幻滅してしまうかもしれません。

もし、自分に合わない会社だと分かったら、早目に転職するという手もあります。
社会人3年目までは第二新卒という枠組みとなりますから、普通の中途採用よりも有利に選考を進めることができるからです。

数年の社会経験があれば身に付けたスキルによっては、今よりもレベルの高い会社に入れることもあるでしょう。
第二新卒でもキャリアアップは可能なので、やりたくない仕事を続けるなら、早い段階でキャリアを修正しておくべきです。

ここでは、第二新卒でキャリアアップ転職を成功させる方法を紹介します。

第二新卒が転職に有利な理由

ポテンシャルを求めて若い人材を欲しがる企業は多い

実は最近、第二新卒が転職をするための有利な条件が揃ってきています。
なぜなら、どの会社も、優秀な若い人材の採用に苦戦しているからです

その背景には、好景気と少子高齢化という2つの背景があります。

好景気は、2020年の東京オリンピックまでは続くといわれておりますし、少子高齢化はそれ以降も続いていきますよね。
そのため、基本的に働き手が足りない、そしてその中でも若い人材が枯渇しているのです。

企業は新卒採用に力を入れていますが、それでも十分な人材を確保できていません。
そこで、不足した人材を集めるために、第二新卒まで範囲を広げて採用活動を行っています。

以前までは第二新卒というと就職してすぐに辞めた人間という評価しかありませんでしたが、現在では好意的に捉えてくれる企業が増えており、転職のチャンスだといえるでしょう。

社会経験があるのでマナー研修などの教育コストが低い

また、多くの企業にとって若い人材を取るというのは、教育コストの観点から少し懸念を抱くこともあります。
ビジネスマナーや業務指導を行うのにも人手が必要となりますし、膨大な時間もかかるので高いコストが必要になるわけです。

しかし、第二新卒であれば数年の社会経験があるため、マナー研修など、意外とお金がかかる各種基本的な教育コストを掛ける必要はなくなります。

ある程度の知識を持った人材を集められることから、第二新卒を優先的に採用する企業は多いです。

専門スキルが要求されないので異業種へも応募できる

企業は第二新卒に対して、専門的なスキルを求めていることはほとんどありません。
あくまで社会人としての基礎を持ちつつ、ポテンシャルを活かしてその企業の幹部候補として活躍することを期待されています。

むしろ、変に他の会社の色に染まりかけているような経験者は求めていないのです。
中途半端に知識があると会社に慣れるのが大変ですし、プライドも高いため思うように教育できないことがあるからですね。

これは、第二新卒側からすると非常にありがたいことです。
普通の中途採用は即戦力としての採用であるため、基本的に同業種にしか転職ができず、選択肢は多くありません。

しかし、第二新卒であれば専門スキルを求められていないため、異業種への応募も可能となり、非常に転職先の選択肢が多いのです。

新卒採用者の欠員補充のニーズがある

先述したように、多くの企業が新卒採用に苦戦しています。
そもそも採用人数が足りないこともありますし、採用した人間が辞退したりすると、それだけ必要な人材が不足するわけですね。

そういった際に、新卒採用者の欠員補充のために、第二新卒採用を行う企業も一定数存在します。
とにかく人が足りないので採用基準が甘くなっていて、比較的簡単に内定を出してくれるという企業も多いです。

このように、第二新卒採用は、社会的背景から多くの機会に恵まれているのです。

キャリアアップ転職の前に考えるべきこと

仕事をする上で重要視していることを明確にする

それでは、本格的にキャリアアップ転職をしたいとなった時に、どんな準備が必要なのでしょうか。

まず一つに、転職先を選ぶための基準を決めなくてはいけません。
つまり、仕事をする上で重要視していることを明確にする必要があるわけですね。

キャリアアップ転職をしようと改めて第二新卒採用をしている企業を探すと、企業数の多さに驚くかと思います。
その無数の企業の中から、なんとなくで会社を選ぶことはほぼほぼ不可能ですし、なんとなくで転職をしてもきっと失敗するでしょう。

だからこそ、自分が仕事をしている意味を自分自身に問う必要があるのです。
「待遇」「役職」「やりがい」などなど様々な軸があるはずなので、自分が大事だと思う軸から仕事・会社を選ぶようにしてください。

5年・10年先のキャリアビジョンをハッキリと定める

キャリアを考える時に、目の前のことだけに集中してはいけません。
何事もゴールがあって初めて、逆算した計画を立てることが可能になります。

そのため、5年・10年先のキャリアビジョンをハッキリと定めましょう。
その場では給与アップに心が釣られるかもしれませんが、もし10年先のキャリアビジョンからみたときに、一時的に給与を下げてでも身につけておくべきスキルがあるかもしれません。

あくまでも、最終的なゴールに辿り着くための転職であることを忘れないでください。

目的のキャリアを達成するために必要なスキルを考える

先述したように、目的のキャリアを決めることができたならば、そのキャリアを達成するために必要なスキルを書き出してみましょう。
紙に箇条書きにすれば、一覧で見ることができます。

そして、そのスキルをいつどうやって身につけていくのかも計画をすることができれば、どういった会社に転職するべきかが見えてくるはずです。

1回の転職ですべてのスキルを身に付けることはできないでしょうから、数年おきに複数の転職が必要になってくると思います。
そういったプランを考えておくと、キャリアアップのための具体的な道筋が見えてくるでしょう。

第二新卒で転職する際のリスクについて

転職歴が増えるほど履歴書は汚れてしまう

第二新卒の転職が有利だとしても、闇雲に必ず第二新卒で転職をしたほうがいいと言うわけではありません。
もちろん、何かしらのリスクがあることは頭に入れておきましょう。

まず一つに、転職歴が増えるほど履歴書は汚れてしまい、企業からの評価は落ちる傾向にあることを覚えておいてください。
企業は採用した人材が、中長期的に自社に定着し活躍してくれることを求めています。

採用活動には膨大なお金がかかっていますし、採用した人材には様々な投資をしていくわけです。
そのため、何度も転職を繰り替えてしている人材というのは、どうせ採用してもまた辞めていくのだろうという懸念から警戒されてしまいます。

第二新卒という若い時期になんとなく転職してしまうことをきっかけに、その後転職が癖になり何度も転職を繰り返してしまう人が一定数存在しますね。
履歴書を汚さないためにも、しっかりと考え抜いてから転職をするかどうか決めましょう。

第二新卒では大幅な年収アップは望めない

「給与」を軸に転職をする人には申し訳ありませんが、転職した時にすぐに大きく年収アップをすることはほとんど不可能です。

先述しましたが、第二新卒の転職はポテンシャルを買われて採用されます。
しかし、これは裏を返すとまだまだ一人前の即戦力としては認められない傾向にあるということです。

そのため、もし高い評価を受けて内定を出されたとしても、前職と比較してよほど高い年収を提示されることはありません。

給与を大事な軸とする方は、あくまで中長期的に見て年収が上がりやすそうかという観点から会社を選んだほうがいいでしょう。

1年未満の転職は「根気がない」というレッテルを貼られることがある

第二新卒採用といえども、前職への在職期間は気にしたほうがいいでしょう。
もし、新卒入社した会社への在籍期間が1年未満の場合、「根気がない」というレッテルを貼られることがあります。

このレッテルは、その後何度転職してもついて回ることになります。
面接では必ず、「この会社は3ヶ月で辞めているけど・・・」と質問をされるでしょう。

第二新卒といえど1~2年くらいは勤めないと、何かしらの問題があると思われても仕方がありません。

必然性のない転職ではキャリアアップは難しい

第二新卒で転職をするということは、まだ社会人としての経験を大して積んでいない時期に会社に見切りをつけるということになります。
そのため、しっかりとした転職の必然性がなければ、キャリアアップとなるような転職はできません。

それなりの視座の高さがなければ、良くて同じような条件、悪ければむしろ前職よりも待遇の悪い条件での転職になりかねないのです。

合理的な転職理由が求められるので、採用担当者が納得するような理由がないと転職しても良い結果にはなりにくいでしょう。

第二新卒でキャリアアップ転職をする方法

必然性のある退職理由を説明できるようにする

それでは、具体的に第二新卒でキャリアアップ転職をするには、どうすればいいのでしょうか。

まず大前提として、必然性のある退職理由を説明できるようにすることが大事です。
必然性というのは、「もし転職をしなければ○○できない」という○○の部分に納得の行く理由があるかどうかです。

たとえば、企画の仕事をしたかったけども、向こう5年は任せられないと言われて辞めました、という理由であればかなり納得感があります。
やりたい仕事が5年もできないことで、自身の成長のチャンスは一気になくなってしまうからです。

このように、辞めないことによる機会損失がどれほどだったのか、という説明の仕方は非常に有効でしょう。

前職での不可能を実現するための志望動機が必要

退職理由の必然性が妥当であると認められたら、今後は「じゃあなぜウチなのか」という点を、応募企業に納得してもらう必要があります。

この際に大事なのが、前職での退職理由と志望動機がつながっていることです。

先程の例でいうと、「企画の仕事を5年はさせられないと言われた。しかし、貴社では説明会やHPにも説明があったように、実力とやる気があれば入社して1年以内の新人でも企画職を積極的に任せる社風があるとお聞きしている。だからどうしても貴社に入りたい。」と言われれば、非常に納得感のある志望動機になるのではないでしょうか。

他社ではなく応募企業でないといけない理由を考えて、明確に説明できるようにしてください。

不真面目な印象を打破するほどの熱意を見せる

ただし、第二新卒転職でのリスクにも上げたように、新卒で入社した会社をすぐに辞めてしまうことへの印象は少なからず悪い方向にも働いています。

その不真面目な印象を打破するためには、何かしらの熱意を見せる必要があるわけです。
そしてその熱意は、今回のあなたの一番の転職理由となった点を熱く語ることで伝えましょう。

「キャリアプラン」についてなのか、「応募した会社への思い」なのか、具体的な熱意の内容は問いません。
それでも、なぜその若さで転職を決意したのかという理由を腹落ちしてもらうには、自身の思いを語ることが不可欠なのです。

自分の気持ちを素直にぶつけて、企業を納得させられるようにしてください。

空白期間を作らないために在職中に転職活動を行う

初めての転職になるであろう第二新卒転職を考えている人たちに肝に命じてほしいことは、転職活動をするために退職はしてはならないということです。
つまり、必ず在籍中に転職活動を完結させましょう。

なぜなら、もし退職をしてから活動を始めると、職務経歴に空白期間が発生してしまうからです。
空白期間が3ヶ月など短い間ならいいのですが、もし6ヶ月以上など長い期間が空いてしまうと、何か心身に問題がある、もしくは働く意欲がないとみなされ、転職活動に大きく不利になってしまいます。

第二新卒で転職することは、不真面目な印象も与えてしまうことがあると語りましたが、もしこれに職歴の空白期間を作ってしまうとマイナス印象のダブルパンチで、上手くいくものも行かなくなってしまうため、絶対に避けてください。

第二新卒の転職は転職エージェントを利用しよう

第二新卒は転職に有利だと説明しましたが、リスクがあることは知っておいてください。
若いうちに転職で失敗するとキャリアに大きく響いてしまいますし、そこからのリカバリーが難しくなってしまいます。

転職に有利な時期だからこそ、しっかりと計画的に行動する必要があるわけです。
でも、社会経験が浅いため企業を見極めることは難しいですから、転職活動で成功することは簡単なことではありません。

そこで、転職エージェントを利用することをおすすめします。
キャリアアドバイザーが担当についてくれるため、転職活動のサポートをしてくれますよ。

カウンセリングを受ければ自分が進むべき道が明確になりますし、キャリアプランに合わせた求人を紹介しもらうこともできます。
厳正に審査した求人ばかりなので、ブラック企業を紹介される心配はありません。

数年後のキャリアアップを踏まえて転職することができるので、転職エージェントを利用すれば失敗のリスクを減らすことができるでしょう。

以下のエージェントは、実績が豊富で当サイトでも人気が高いです。
無料で利用できますから、ぜひ使ってみてください。

ジェイック

ジェイック

ジェイックは、25年以上の実績がある就職エージェントです。
Jリーグの東京ヴェルディのスポンサーを務めており、人材業界では大手の会社だといえますね。

既卒やフリーターからの就職に特化していて、なんと就職成功率は80.3%にもおよびます。

高い就職実績の秘密は、就職講座を開催してビジネスマナーや面接の受け方、自己PRの仕方などを指導しているからです。
これにより、初めての就職活動であっても、迷うことなく自分をアピールすることができます。

また、優良なホワイト企業の求人だけを20社紹介してくれ、その中から気に入った企業へ応募することが可能です。
しかも、書類選考なしで面接へ進めるので、かなり高い確率で内定をもらうことができますね。

社会経験がない人でも、安心して就職活動を進められるでしょう。


ハタラクティブ

ハタラクティブ

20代のフリーターや既卒を対象としたエージェントで、未経験から正社員を目指す人に専門特化しています。
未経験歓迎の求人を1,500件以上も保有しており、職歴がない人でも問題なく内定を目指すことができるはずです。

独自のカウンセリングノウハウを持っているので、求職者の隠れた魅力を引き出して向いている職種や業種を発見してくれます。
60,000人以上のカウンセリング実績がありますから、5~10年先を見据えた提案をしてもらえるでしょう。

応募書類の添削や面接対策もバッチリで、書類審査通過率91.4%、内定率80.4%という高い水準をキープしています。

-転職に関する基本知識

Copyright© テンショQ , 2018 AllRights Reserved.