25歳は転職のチャンス!キャリアアップを目指して転職を成功させる方法

投稿日:

25歳は転職のチャンス

新卒で就職して3年もすれば、少しずつ仕事にも慣れてきて社会の仕組みが分かってくる頃です。
将来の方向性も明確になってくる人もいますし、逆に自分のやりたいことが分からなくて迷ってしまう人もいるでしょう。

いずれにせよ、25歳という年齢は、転職においてはチャンスの時期です。
3年の社会経験があるので即戦力になりますし、まだまだ若いので将来性を感じて採用する企業も多くなっていますね。

今の環境に納得していないのなら新しい会社へ転職するのが良いですし、将来の方向性に迷っているなら他の業界へキャリアチェンジすることもできるでしょう。
初めての転職のタイミングとして、25歳で動き出すのは悪くないですよ。

今回は、25歳でキャリアアップを目指して、転職を成功させる方法について解説します。

目次

25歳の転職市場における価値とは

社会人3年目なので一定の専門スキルを持っている

25歳という年齢は、転職市場において一体どのような価値があるのでしょうか。

まず先述したように、25歳は社会人3年目にあたる歳であるため、それなりに仕事に慣れてきているフェーズです。
所属する部門の仕事であれば独り立ちができる状態であり、市場から見ても一定の専門スキルを持っていると認められます。

そのため、企業から見れば若手なので、安い人件費にも関わらず即戦力を確保できるというお得な買い物ができるのです。

第二新卒枠でもギリギリ応募できるので異業種転職も可能

また、転職者側から見ても、25歳で転職するメリットは多々あります。

その一つが、第二新卒という枠を確保できるということです。
一般的に転職する際には、それまでの経験を活かし同業界・同業種に転職することが多いでしょう。

しかし、第二新卒という枠は基本的にポテンシャル枠ですので、異業種転職も可能となります。
25歳なら若くて素直なので、新しい職種にも比較的早くに慣れることができるはずです。

企業側も若い人材が欲しいために、未経験者であっても第二新卒枠で大量に採用しています。
一般的な中途採用よりも、選考の通過率は非常に高くなっていますね。

社会人経験を通じて、他にやりたいことが出てくるのはごく自然なことです。
すでに異業種転職が難しい30歳前後以降の人と違い、25歳という年齢は新しい分野に挑戦する切符を手にしていますね。

失敗してもやり直せる年齢なので好きなことに挑戦できる

25歳という年齢であれば、もし数年チャレンジしてみて駄目だとしてもまだ20代後半です。
30代でなければ、まだまだやり直しが利く年齢だといえます。

異業種転職はリスクがあることですが、年齢が若ければ後でリカバリーは可能です。
ダメ元でも良いので、やりたいことがあるなら積極的に挑戦してみるべきでしょう。

30代からの異業種転職は、失敗したらやり直せません。
そもそも採用してくれる企業は少ないですし、年齢を重ねると新しいことは覚えにくくなるので、成長性も大して期待できないはずです。

新しい挑戦は若い時の方が良いので、何でもできる25歳の時に取り組んでみるべきですね。

企業からすると教育コストが少なくて今後の伸びしろも期待できる

25歳の人材は、新卒と比べると社会経験が豊富です。
基本的なビジネスマナーはもちろん、その業界の専門スキルを身に付けています。

なので、教育コストが非常に少なくて済み、企業からするとメリットが高い人材なんですね。
まだまだ若いので、これから育てれば30歳までに高度なスキルも身に付けることができます。

新卒採用は大きなポテンシャルを持った人材を、その会社の幹部候補として採用するわけですが、右も左もわからない状態ですので、どうしても教育コストがかかってしまいます。

しかし、25歳の社会人は新卒と大きく変わらないポテンシャルを持ちながらも、一人の戦力として会社に利益ももたらしてくれるのです。
今は大きな実績を持っていなくても、将来の活躍を見越して企業は積極的に採用したいと思っています。

25歳で転職する前に考えること

大きくキャリアアップするなら実績を積んで30代で転職したほうが良い

ただし、25歳という年齢のメリットばかり考えて、即転職!となるのは危険です。
転職を考える前に、より長期的なプランニングを行いましょう。

まず転職によって大きなキャリアアップを考えている場合は、25歳での転職はおススメしません。
なぜなら、25歳は専門スキルを持っているとはいえ、まだまだ実力的には未熟だからです。

企業が破格の待遇で、迎え入れてくれることはまずないでしょう。

もし大幅に待遇を改善したいというなら、しっかり実績を積んだ上で30代から転職することが大事です。
30代ともなると大きな実績を残したうえで転職を行えるので、条件交渉で転職者が優位に立つことができます。

30代で実力を積んだ人が入社するということは、企業から見ても業績にもたらすインパクトが大きいため、本当に優秀であればあるほど、現職の待遇を大きく上回るオファーを出してくることも珍しくないのです。

まずは今の会社で実績を積むことが大切なので、キャリアアップを目指すなら20代の内は自己成長を意識したほうが良いでしょう。

キャリアプランが不明確なまま勢いで転職するべきではない

一番やってはいけないことは、目先の利益に飛びつくことです。
つまり、少し給与が上がるとか、有名企業に行けるなどという理由で転職してしまうタイプは危ないといえます。

転職は、それまでのキャリアがリセットされるわけではありません。
あくまで職歴の一つであり、キャリアはそういった経験の一つ一つが積み重なって形成されるものです。

そのため、大事なのはその転職が将来的なキャリアに、どういう影響を及ぼすのかというプランニングとなります。
つまり、キャリアプランを立てた上で転職をしないと、長期的に見て損をする可能性が高いのです。

もし、25歳で転職をするのであれば、10年以上先のキャリアプランまで見据えたうえで実行することをおススメします。

会社に対する不満だけで辞めても良いキャリアにはならない

これは基本の基本ですが、ネガティブな理由での転職は絶対に止めてください。
なぜなら、会社への不満などといったネガティブな理由で転職をする人は、他の会社でも同じような理由で辞めていく確率が高いからです。

彼らは常に会社の粗探しを行い、仕事にも真面目に向き合おうとしません。
結果的に、転職回数ばかり多くなり、自分の市場価値を自分で落とし、最終的には雇ってくれる会社もなくなります。

転職で大事なのは、前向きな理由です。
視座が高ければ高いほど転職は成功しますし、明確なキャリプランを持ち、高い視座で転職をしなければ意味がないのです。

キャリアアップするための生活習慣

自分の業界で使える資格があるなら取得しておく

転職でキャリアアップをしたいのであれば、そのための生活習慣も整えておきましょう。

まず一つが、資格取得です。
自分の業界で使える資格があるのであれば、極力資格を取得しておきましょう。

業界によっては資格を持っておくだけで、給与が数万円上乗せされるケースもあります。
また、選考でも他候補者と実力が拮抗した場合は、資格を持っているほうが重宝されるため、選考にも受かりやすくなるでしょう。

同業種・異業種を問わず外部の人脈を増やしておく

転職で大事なのは、情報です。
そのため、同業種・異業種問わず、外部の人脈を増やしておくことをおススメします。

人脈を増やすことによって、二つの利点があります。
一つは、転職先を探すときに、優良企業を見つけやすくなるということです。

本当に良い企業かどうかは、その業界・会社にいなければ中々わかりません。
しかし、多種多様な人脈を持っておけば、同業種・異業種を問わずに優良企業を見つけるための情報が自然と入ってくるようになるでしょう。

そしてもう一つが、その人脈経由で働き口が見つかる可能性があるということです。
いざ転職を考え始めてその人脈に転職意向があることを伝えると、自社に転職をしないか誘ってもらえる可能性があります。

また、自社でなくとも知り合いの会社が人材募集をしていたなど、人脈がさらに人脈を呼ぶのです。
このように、多種多様な人脈を形成することは、転職に大いに役立ちます。

個人よりもチームワークを活かした働き方をする

転職を有利に進めるためにも、働き方の習慣も改善しておくことが大事です。
具体的には、個人よりもチームワークを活かした働き方を心がけるようにしてください。

もちろん、あなたが生命保険や証券会社の営業など、個人の成績をひたすら追い続ける職種であれば話は別ですが、会社は基本的に組織としての成果を最大化できる人材を求めています。

キャリアアップを目指すのであれば、自分が組織を率いていくことのできるポテンシャルを持っている人材であることをアピールできるのはとても効果的です。

もし、実績やアピールが自分個人についてのものに偏っていると、プレーヤーとしての評価しかもらえません。
チームワークを意識してチームとしての実績を残していれば、ゆくゆくの会社の幹部候補として重宝してもらえる可能性が高まるのです。

特に、25歳を中途採用で雇う企業は、若いリーダー的な素養がある人材を求めています。
マネジメント能力をアピールすることは、転職において非常に重要なことだといえるでしょう。

指示が無くても自分から仕事を探すことを心がける

20代後半からさらにキャリアアップをしていくためには、自ら仕事を作り出せるかが非常に重要です。
そのため、指示待ち人間にならず、自分から仕事を探すことを心がけましょう。

今やっている仕事があったとしても、常に他の新しい仕事も積極的につかみ取りに行ってください。
25歳は転職後も即戦力として扱われる可能性があり、誰も丁寧に教えてくれないこともあります。

自分で考え行動できる癖をつけておかないと、新しい職場で役立たずのレッテルを貼られてしまう危険性もあるのです。

25歳のキャリアアップ転職を成功させる方法

経済的に困らないために仕事を続けながら転職活動を行う

最後に、25歳でキャリアアップ転職を成功させるための、具体的な方法について解説していきます。

まず一つは基本中の基本ですが、必ず仕事を続けながら転職活動を行いましょう。
中には転職に集中するために退職後に探したいという方もいますが、結果的に転職に集中できなくなる可能性が高いからです。

その理由が、お金についての問題ですね。
至極当たり前の話ですが、退職をしてしまうと収入は0になります。

それなりに貯金をしていたとしても、貯金額が減るのを尻目に転職活動をするのは実は精神的に非常につらいものです。

これ以上貯金を減らしたくないという焦りは転職活動にも影響し、平常心で転職活動を続けることはできなくなります。
少し慌ただしくなろうとも、仕事をしながら転職活動を行うことが良い選択です。

30代・40代でどうなっていたいかを明確に決める

先述したように、転職はキャリアのリセットではありません。
そのため、30代・40代でどうなっていたいか、そのなりたい姿になるための転職であることが重要です。

将来の理想像を明確にして、それを達成できる転職をしてください。
給料や待遇が良いからといって、自分の信念とは違った企業へ入るのはダメなわけです。

数年後に後悔しても30代になっていたら、そこからキャリアを修正するのは困難になってしまいます。
計画性を持つことが何よりも大切なので、最初の目標設定を間違えないようにしましょう。

キャリアプランに基づいた転職理由を話せるようにする

キャリアプランが固まったら、そのキャリアプランに沿った転職理由を話せるようにしましょう。
企業は、長期的に定着し活躍してくれる人材を求めています。

そのため、一時的な感情や願望で転職をしようとしている人材は、またすぐに退職・転職をしてしまうだろうと採用を避ける傾向にあるわけです。

明確なキャリアプランがあり、それに基づいた転職理由があるかどうかで、企業は応募者の本気度を確かめています。
なので、誰が聞いても納得できるように、合理的な転職理由を伝えられるようにしてください。

過去の実績を踏まえてどのように貢献できるかをアピールする

次に大事なのが、自己アピールです。
これも当たり前の話ですが、企業は自社に利益をもたらしてくれる人材を求めています。

そのため、あなたはそれまでの実績を踏まえて、応募企業にどう貢献するかをアピールしなくてはいけません。
「自分を採用すれば○○の結果を出せますよ」と企業に伝えなければ、採用するメリットを感じてもらえないでしょう。

ダメな自己アピールとは、自分が優れていることをとにかくアピールしてくることです。
大事なのは「その企業で」どう活躍できるのかということなので、本来会社ごとにアピールの仕方を変える必要があります。

企業分析をしっかりと行い、その会社ごとに最適な自己アピールができるよう入念に準備をしてください。

入社後にやりたい仕事を熱意をもって語る

最も基本的となる大事な部分が、その企業で働きたいという熱意です。
なぜ働きたいのかという理由が明確であるほど、その熱意は信憑性を持つことができます。

そのため、入社後にその会社で取り組みたい仕事内容にまで言及できるのがベターです。
熱意が伝わることで、候補者がその企業で腰を据えて働く覚悟があることが伝わります。

裏を返せば、いくらスキルがあっても、その会社への熱意がなければすぐに辞めてしまうだろうと懸念が生じ、採用されないケースも多々あるのです。

25歳で転職するなら転職エージェントを利用するべき

これまでお伝えしたように、25歳という年齢は転職適齢期だといえます。
企業が積極的に採用したい年齢層なので、新しいことにチャレンジしたいなら、この機会に転職するのは悪くないでしょう。

でも、転職のチャンスだからこそ、変な会社に入らないことが大切です。
若くて勢いがある分、あまり考えずに転職先を決めてしまって、後悔する人は少なくありません。

失敗してもやり直しができる年齢ですが、できることなら転職を成功させたいですよね。

そこで、転職エージェントを利用することをおすすめします。
キャリアアドバイザーが担当についてくれるため、非公開求人の紹介から応募書類の作成、面接対策などを全て行ってくれるわけです。

カウンセリングをして将来に合った求人を紹介してもらえますから、会社選びで失敗することはありません。
将来的なキャリアアップを考えるなら、転職エージェントを利用することは必須だといえます。

以下のエージェントは、実績が豊富で当サイトでも人気です。
無料で利用できますから、ぜひ使ってみてください。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

業界最大手のリクルートエージェントです。
人材業界で50年以上もの実績があるため、全国の様々な企業と太いパイプを築いています。

保有している求人の90%が非公開となっており、その数は10万件以上です。
業界でもトップクラスの求人数ですから、自分に合った企業と出合える可能性は高いでしょう。

また、キャリアアドバイザーの質が高いのも特徴ですね。
全国に470名のアドバイザーが在籍しており、各業界・業種に精通している人材が豊富です。

最新の業界情報や転職動向にも詳しいですし、過去に膨大な転職実績もあるので、的確にキャリア相談に乗ってもらえます。

土日祝や平日20時以降も対応可能なので、仕事が忙しくても利用できますよ。
リクルートエージェントは、確実に登録しておいてください。


type転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェントは、人材紹介業で20年以上の実績を誇る株式会社キャリアデザインセンターが運営しているエージェントです。
東証一部上場企業ですから、幅広い業種の企業と繋がりがあります。

特徴としては、転職者の71%が年収アップに成功していることですね。
キャリアカウンセリングによって、応募者の強みを的確に理解して、能力を活かせる企業を紹介することで年収アップを実現しています。

転職によって年収が下がる人は多いのですが、type転職エージェントを利用すればキャリアアップを実現できるでしょう。

保有する求人の80%が非公開求人となっており、かなり条件の良い優良企業の求人がたくさんあります。

自分で転職活動する上では絶対に見つからない企業と出合えるので、それだけでも利用価値は高いですよ。

特に、関東の一都三県の求人に特化しているので、一流企業の求人が多いのが大きなメリットです。
キャリアアップを考えているなら、登録しておきたいエージェントだと言えます。

-転職に関する基本知識

Copyright© テンショQ , 2018 AllRights Reserved.