25歳から未経験業界へ転職。第二新卒の転職はタイミングが重要!

投稿日:

新卒で会社に入って数年もすると、だんだん仕事に慣れてきて自分の人生を見つめ直すようになると思います。
「この会社に入って良かったのか?」「このままの人生で良いのか?」など、色々な疑問が出てくるでしょう。

だから、25歳くらいで転職を考え始める人が増えます。
社会人を3年ほど経験しているので、ビジネスマナーや基本スキルを身に付けており、転職を考えるなら良い時期だといえますね。

実際、企業も25歳前後の人材を「第二新卒」と位置付けて、積極的に採用するケースが多いです。
若い人材はやる気やポテンシャルに秘めているので、企業からのニーズは強くなっています。

ただ、転職に有利だからといって、何も考えずに行動してしまうと失敗することになるでしょう。
25歳という年齢は人生の方向性を決定づける大切な時期なので、安易に行動しないようにしてください。

ここでは、25歳からの転職を成功させる秘訣を紹介します。

企業が第二新卒で人材を募集する理由とは?

一般的に、新卒で入社して3年目までの人材を「第二新卒」と呼びます。
多くの企業では若くてフレッシュな人材として、新卒の次に優遇する年齢層です。
他の応募者よりも有利になることが多く、ボーナスステージだといえるでしょう。

企業が第二新卒を優遇するのは、以下のような理由からですね。
下のグラフは、人材サービスの「エン・ジャパン」が、企業の採用担当者に行ったアンケート結果です。

  1. 新卒採用で充足できなかったから
  2. 若い方がいいから
  3. 経験採用は難しいから

新卒採用で良い人材に恵まれなかった企業が、第二新卒で若手を募集するケースが多いということですね。

どうしても大手の有名企業に新卒は集中するため、中小企業では新卒採用に苦戦しがちです。
だから、若手の人材を補うために第二新卒から募集します。

企業からすると、基本的なビジネスマナーやスキルを身に付けているので、新卒よりも育てやすいというメリットがありますね。

第二新卒の採用に積極的な企業は多いですから、この機会に転職をして成功している人は少なくありません。

第二新卒はキャリアチェンジのラストチャンス

興味のある業界に新卒で入ることができても、実際に働いてみると理想と異なっていることがありますよね。

自分のやりたいことではなかった場合、仕事に情熱を持てなくなるでしょう。
そういった場合でも、第二新卒の枠であれば、新しい業界へ挑戦することができます。

先述の通り、第二新卒を募集する企業は、新卒採用で足りなかった部分を補おうとしているわけです。
なので、未経験者を教育する制度を整えており、今までの経験は考慮されません。

通常、中途採用では即戦力が重視されるのですが、第二新卒に限ってはスキルが無くても問題視されないでしょう。
初めから教育することを前提としているので、経験を求められないのが特徴ですね。

25歳は転職のタイミングなのかをしっかり考えよう

自己分析を行って転職するべきかを考える

第二新卒は転職に有利だとしても、安易な気持ちで転職はしないでください。
焦って転職しても自分の理想とする会社に入れるとは限りませんし、前の会社の方が良かったなどと後悔をするかもしれません。

特に、25歳前後は周りの同期で転職する人が増えるはずです。
そういった状況だと、「自分も転職しなきゃ!」と盲目的に考えてしまいがちなので注意しましょう。

転職前には、以下のことをしっかりと考えるようにして下さい。

  • なぜ転職したいと思うのか
  • 自分のやりたいことは何なのか
  • それは今の会社で実現できないことなのか
  • 他部署への異動などの選択はできないか

ちゃんと自己分析をしておかないと、本当に自分が求める仕事に就くことはできないでしょう。
勢いだけで転職をしてしまったら、すぐに嫌になって辞めてくなってしまいます。

だから、自分と向き合ってみて、本音を探るようにしてください。
自己分析のやり方については、「転職を成功させるための自己分析」で詳しく解説しています。

将来を見据えて転職のタイミングを決める

25歳という年齢は非常に選択肢が広く、転職市場では企業からのニーズが多いです。
ただ、この時期に転職してしまったことで、理想的なキャリアを築けないといった問題が起きるかもしれません。

まず、転職市場には「第二新卒」と「中途採用」の2つの枠があります。

第二新卒
実績よりも人柄や意欲などのポテンシャルを重視して評価する。
未経験の業界であっても、やる気さえあれば採用される可能性がある。
中途採用
経験やスキルなどの即戦力を重視して評価する。
アピールできる実績がないと採用の可能性は低い。

内定のもらいやすさでは、第二新卒に圧倒的に分があります。
中途採用よりも、選考において有利になりやすいでしょう。

ただ、これまでの経験が評価されないために、一から実績を積み直さなくてはいけません。
自分と同年代は3年のキャリアがありますから、それと比べると劣ってしまいますね。

一方、中途採用は自分の経験やスキルを活かして転職することができます。
即戦力性が評価されないと内定をもらえないですが、実績をうまくアピールできれば飛躍的に年収をアップさせることも可能です。

一つの業界で4~5年の経験を積んでいれば、確実にキャリアアップにつなげることができるでしょう。

以上のように、それぞれの応募枠によってメリット・デメリットがあります。
ちゃんと将来を見据えて転職を考えないと、後悔することになるかもしれません。

業種や職種に不満が無いなら転職する必要はない

第二新卒での転職は、未経験の業界・職種への応募に向いています。
新卒と同じように、過去の経験が重要視されていないからですね。

逆にいうと、同業界・同職種への転職を考えているなら、第二新卒枠での転職は意味が無いことになります。
同じ業界で転職するなら、今までの経験を活かして中途採用枠で転職したほうが有利です。

だから、20代後半まで仕事を続けて、何かしらの実績を出してから即戦力をアピールしたほうが良いでしょう。
第二新卒を求める企業は多いですが、他の分野に興味がないなら今の会社でキャリアを積むようにしてください。

25歳が第二新卒の転職で成功ために必要な3つのこと

自分のアピールポイントを明確にする

第二新卒においては、これまでのキャリアは重要視されません。
だから、未経験の業界・業種への転職であっても、採用されるチャンスはあります。

でも、これまでに3年の社会人経験があるので、そこで得たものをアピールする必要はあるでしょう。
やる気だけしかアピール材料が無いのなら、新卒を雇った方がマシです。

なので、新卒と比較されても負けないように、自分のアピールポイントを明確にしておいてください。

25歳だと大した仕事は任されていないでしょうが、それでも色々な経験や学びがあったはずです。
名刺交換や電話対応などのビジネスマナー、基本的な業務スキルなど、それらも立派な武器なのでアピールできるようにしましょう。

「自分の持っているスキル」と「応募先企業が求めるもの」の共通点を探し出し、それをアピールすることで採用担当者に興味を持ってもらえます。

どんな活躍ができるかを期待させることが大切

第二新卒で注意深く見られるのは、これからの将来性についてです。
今はスキルや実績を持っていなくても、入社後に成長が期待できる人材を求めています。

なので、今後のポテンシャルを期待させるアピールができるかが大切ですね。

  • 過去の職歴でどんな経験をしたのか
  • その経験から何を学んだのか
  • それを入社後にどのように活かせるのか

上記のようなことを、具体的なエピソードで語れるのが良いですね。
それに加えて、ハキハキとした受け答えなどで、やる気や若さなどもアピールしてください。

前職では、不動産営業を行っていました。
不動産における難しい法知識などを身に付けることができ、高額商品を扱うことで顧客に対する細やかなフォローについて学びました。

顧客目線でのコミュニケーション経験を活かして、御社の商品企画でもニーズのある提案ができるようにしたいです。

このような具体的なアピールができれば、採用担当者に興味を持ってもらいやすくなるでしょう。

納得できる転職理由を用意する

第二新卒の求人に応募するということは、新卒で入社して3年以内で転職することになります。
短期間での転職になりますから、その理由については明確に説明できなくてはいけません。

採用担当者が納得できる理由を言えなければ、単に忍耐力が無いだけの人間だと思われてしまいます。
「またすぐに辞めるだろう」というレッテルを貼られてしまうと、せっかくの第二新卒枠でも内定をもらえないでしょう。

もちろん、仕事が嫌だというようなネガティブな理由ではダメなので、将来を期待させるようなポジティブな理由を言える必要があります。
「○○がしたい!」というような、前向きなビジョンを語れるようにしてください。

逃げの転職ではないことを説明できれば、面接官も安心してくれるはずです。

以上、25歳が転職で成功するための方法を紹介しました。

25歳という年齢は、今後の人生の方向性を決定づける大切な時期です。
思い切って転職するか、今の会社でキャリアを積み重ねるか、自分の将来を考えたうえで決定できるようにしてください。

-転職に関する基本知識

Copyright© テンショQ , 2017 AllRights Reserved.