26歳で転職を成功させる方法!未経験の業界・業種への転職はラストチャンス

投稿日:

転職市場において、26歳という年齢は非常にニーズがあります。
一般的に、25歳以下は「第二新卒」と呼ばれる新人扱いですが、それを超える26歳からは一人前の社会人だと認識されるからです。

社会人経験が4年以上になると、それなりの専門スキルを持っていますし、若くてエネルギッシュなために企業からニーズは高くなります。
さらにスキルアップのために転職をすれば、30代以降に飛躍することができるでしょう。

また、異業種への転職を考えているなら、最後のチャンスだといえます。
第二新卒を超えたばかりの年齢なので、未経験枠としてギリギリ滑りこむことができるかもしれません。

将来の方向性を決定づける大切な時期ですから、転職を考えているなら絶対に成功できるようにしてください。

26歳が転職に適している理由

若さと経験をダブルでアピールできる

転職活動に置いてアピールすることは、大きく分けて「若さ」と「経験」の2種類しかありません。

新卒から3年以内の第二新卒なら、経験が無くても若さをアピールすることで勝負することができます。
一方、20代後半以降になってくると、若さはありませんが経験値を武器にすることで即戦力をアピールするわけです。

基本的にはどちらか一方しかアピールできないのですが、26歳という年齢だと「若さ」と「経験」の両方をアピールすることができます
単純に武器が2つになるので、有利に決まっていますよね。

かなり高い確率で、企業から内定をもらうことができるでしょう。

未経験の職種に挑戦できる最後のチャンス

転職市場では経験者を優遇しますから、未経験の業界への転職は難しいといえます。
特に、30歳以降になると実績やスキルを持っていなければ、どこの企業でも相手にしてくれません。

最初から教育しないといけないので、それだったら新卒を育てた方がコストパフォーマンス高いからですね。
即戦力を求める中途採用においては、経験がないと話にならないわけです。

ただし、一部に例外があって、新卒から3年目までの第二新卒であれば、新卒と同じように未経験からでも採用される可能性があります。
26歳は第二新卒から外れていますが、まだまだ若いのでポテンシャルを期待してくれる企業があったりします。

年齢を重ねるごとに未経験職に応募できなくなるので、26歳は未経験で転職できる最後のチャンスだといえるでしょう。

格上の企業へキャリアアップできる可能性がある

新卒での就職活動の時に、第一志望の会社に落ちてしまったという人は多いと思います。
業界トップの会社に入りたかったけれど、3位の会社しか内定をもらえなかったといったこともあるでしょう。

そういった場合でも、26歳からの転職で希望が叶うことがあります。
新卒から働いていれば業界経験が4年以上になるので、十分な戦力として考えてもらえるはずです。

新卒時には魅力を感じてくれなかった企業でも、数年間の経験を積んでいれば見方が変わるかもしれません。
経験と若さをアピールできる強みがあるので、今よりも格上の企業へチャレンジすることができます。

26歳から未経験の業界へ転職するときの注意点

業界・業種を変えるのは最後という意識を持つ

20代後半からは経験やスキルが重要視されるので、未経験の業界・業種へ挑戦できるのは26歳くらいが限界だといえます。
ここで選択を間違えてしまうと、修正ができなくなるので注意してください。

たとえば、飲食業界からIT業界に転職したとして、次にアパレル業界に入りたいと思っても難しくなってしまいます。
その頃には20代後半になっているでしょうし、未経験での転職は難しいでしょう。

また、業界をコロコロ変えてしまうと、「キャリアの一貫性が無い」「継続力がない」「責任感が無い」といった印象を持たれてしまいます。
表面的なスキルしか身に付けられませんから、一向に成長することができなくなりますね。

安易な転職はキャリアに傷を付けるだけなので、新しい業界を目指すのであればよく考えてから行動してください。

転職市場で評価されるのは「過去の経験」ですから、未経験での転職の機会は少ないことを理解しておきましょう。

未経験でもアピールできることはある

初めての業界へ挑戦するときには、スキルや経験がないために、やる気や気持ちだけをアピールしてしまいがちです。

しかし、どれだけ高い意欲を持っていても、それだけで勝負するのには限界があります。
新卒や第二新卒などの若い人材と比較されると、どうしても負けてしまうでしょう。

26歳なら4年の社会人経験があるわけですし、その中から得たものをアピールできるようにしてください。
メールの書き方や電話応対などのビジネスマナーはもちろん、異業種の経験でも応用できるスキルがあるかもしれません。

たとえば、営業職の経験があるのなら、コミュニケーションやプレゼンの能力を身に付けているはずですよね。
ノルマや売り上げを追いかけることで、粘り強さや精神力も鍛えられます。

どんな仕事でも汎用性の高いスキルは身に付きますから、応募先の業界で何を活かせるかを考えることが大切です。

企業や業界の研究は入念に行っておく

初めての業界であっても、何も調べていないのなら話になりません。
その業界や企業の情報について、応募する前にしっかりと調べるようにしてください。

業界ごとの新聞や雑誌などがあったりするので、そういったものに目を通しておく必要があります。
会社のホームページや求人情報を読み込むことで、経営者の考え方や求めている人材を把握することも大切ですね。

そうすればアピールポイントが明確になって、応募書類や面接の対策にもなるはずです。

これから入る業界について調べておけば、自分の中のイメージの修正にもつながります。
入社してから理想と違っていたという失敗はありがちですが、業界研究を欠かさないことでミスマッチを防ぐことができるわけです。

良いこと尽くめですから、自分が目指す業界についてはちゃんと調べることをおススメします。

年収や待遇などについて知っておく

自分がやりたい業界だからといって、何も考えずに飛び込んではいけません。
生活するうえで収入年は非常に大切なので、ちゃんと生活できるかどうかを考える必要があるでしょう。

実は、業界によって平均年収や待遇は大きく異なります。
一般的に、医療や金融業界などは平均年収が高く、サービス系や小売業などは年収が低い傾向にありますね。

以下は、DODAが公開している業界別の平均年収です。

参照:DODA

年収ベースで200万円くらいの差になることもあり、生涯賃金で考えたら莫大な金額になってしまいます。
自分だけでなく家族の生活も掛かっていますから、ちゃんと待遇面も考えてから業界を選ぶようにしてください。

26歳で経験者採用で転職する場合の注意点

キャリアやスキルの棚卸しをする

中途採用では即戦力を求めているので、今までの経験が評価されます。
26歳だと4年間の経験がありますから、その中で得たキャリアやスキルをアピールできなくてはいけません。

まずは、キャリアについてですね。

  • どんな会社にいたのか?
  • どんな仕事をしたのか?
  • どんな経験をしたのか?
  • どんな実績を出したのか?

上記のことを整理することで、自分の経歴が見えてくるはずです。

職務経歴書に記載する項目ですから、メモ帳などへ時系列に箇条書きにしてみてください。
職務内容や実績を明らかにすることで、自分がどれだけのレベルなのかを示すことができます。

次に、スキルについてです。

  • どんなスキルを身に付けたのか?
  • 持っている資格は?
  • 仕事をする上で大切にしていたことは?
  • やりがいを感じたことは?

こういったことを考えれば、自分の売りとなる部分が見えてくるでしょう。

専門性の高さが即戦力に繋がりますから、企業からの期待値もアップします。
中途採用は即戦力が求められるので、どんなスキルを持っているかが非常に重要ですね。

面接でスムーズに答えられるように、スキル面については明確にまとめておいてください。

足りない部分は若さと意欲でフォローする

キャリアやスキルをアピールしたところで、30代以上のベテランと比較されると負けてしまうでしょう。
4年間の社会経験があっても、まだまだ未熟だからですね。

なので、26歳という若さを最大限に活かして、ポテンシャルを期待させるアピールをすることが効果的です。

先述の通り、26歳という年齢は、若さと経験を同時にアピールすることができます。
明るく元気よく受け答えをすることで、勢いとフレッシュさを期待させるように心がけてください。

どんな企業でも若い人材を求めているので、キャリアが不足していてもポテンシャルを感じられれば採用してくれます。

新卒や第二新卒にはキャリアで対抗し、30代以上のベテランには若さで勝負することがポイントです。
これを意識していれば、かなり有利に選考を進むことができるでしょう。

中途半端な転職ならしないほうがマシ

今の会社に不満を感じていて、転職を考えている人もいるでしょう。
ただ、辞めることが目的になってしまうと、転職した後に後悔することになってしまいます。

「とにかく辞めたい」という気持ちだけが先行してしまうと、妥協した転職になってしまうからですね。
なので、転職によって得たいものを明確にしてください。

前向きな理由が見つからないなら、今は転職の時期ではないということです。
今の会社でキャリアを積み重ねて、自信が付いてから転職を考えるようにしましょう。

焦って転職してもキャリアが汚れるだけなので、転職自体を止めるという選択も必要になってきます。

以上、26歳での転職を成功させるコツを紹介しました。

未経験職や経験職を問わず、どちらにしても有利に転職できるのが26歳の強みです。
ただ、将来の方向性を決定づける大切な時期ですから、よく考えてから行動することを心がけるようにしましょう。

-転職に関する基本知識

Copyright© テンショQ , 2017 AllRights Reserved.