29歳の転職を成功させるコツとは?未経験で転職するならラストチャンスです

投稿日:

社会人にとって、30歳という年齢は特別ですよね。
熟練したスキルが身に付いているので、会社でも中堅社員として期待され始めます。
また、20代から卒業するということで、自分の心境にも変化が表れるでしょう。

なので、20代の内に転職をしたいという人も多いはずです。
30歳以降のキャリアプランを考えた場合、29歳くらいで転職するという選択肢は悪くありません。

特に、未経験の業界・職種を希望するのであれば、29歳が現実的なリミットだといえます。
30歳を過ぎると未経験の大幅に求人は減ってしまうので、早いうちから動き出すようにしてください。

ここでは、29歳の転職を成功させるコツを紹介します。

29歳が転職市場で求められること

即戦力として活躍できるかどうか

日本企業の多くは、昔から新卒主義なので若い人材ほど重要視される傾向にあります。
若い方がエネルギッシュでハードな業務にも耐えられますし、社会に染まっていないので自社の思うように教育できるからです。

だから、優秀な学生を獲得するために、莫大なコストを使って新卒採用に力を入れているわけですね。

では、20代後半の中途採用者に対して、企業は何を期待しているのか?
もちろん、若手社員とは違ったニーズがあるから、わざわざ中途採用で募集しているんですね。

一般的に求められるのは、以下の2つとなります。

  • 専門性の高い業務スキル
  • 後輩・部下を引っ張るリーダーシップ

20代後半であれば、4年以上の社会経験がありますから、最初から教育するようなことはしません。

これまで培ってきたスキルを活かして、入社してすぐに活躍してほしいと思っているんですね。

だから、前職において何かしらの実績があることが求められますし、早いうちに結果を出す必要性があります。

また、年齢的にもリーダーシップが求められるでしょう。
将来的には管理職を見越しての採用となるので、周りの人間を率先して引っ張っていくスキルが要求されます。

そのためには、明確なビジョンを持つことや論理的な思考力、スピーディーな判断力などをアピールするのが効果的ですね。

ギリギリ若手なのでポテンシャルも評価してもらえる

中途採用では求められるスキルは高いのですが、20代の内ならポテンシャルだけでも評価されることがあります。

つまり、目立った実績が無くても、「これから成長するかも」という期待を込めて採用されることがあるということです。

  • 基本的なビジネスマナーを理解している
  • 仕事への高い意欲を持っている
  • 円滑に意思疎通ができるコミュニケーション能力
  • 明るくて素直な人柄

上記のような人間性をアピールできれば、成長性への期待感が高まるでしょう。

29歳という年齢は、自分若さをアピールできる最後のチャンスです。
30歳を過ぎると実績を求められてしまうので、ハッキリとした強みを持っていないなら20代の間に転職することをおススメします。

女性は結婚・出産について懸念される

女性が転職をするとき、企業側には結婚・出産についての不安があります。
採用してすぐに退職されたり、産休や育休を取得されると、大きな損失となってしまうからですね。

29歳だと結婚や出産の適齢期ですから、そういった不安から避けられる可能性があるでしょう。
なので、企業側の不安を無くさせる工夫が必要となるわけです。

具体的には、結婚や出産の予定はないと明言したり、結婚後・出産後のキャリアプランを伝えるといった方法がありますね。

結婚後の働き方としては、正社員として働くかパートなどの非正規雇用になるかの選択があるでしょう。
これからの生活を考えたうえで、フルタイムで働けるのかどうかを確認しておいてください。

また、出産後も仕事を続ける場合には、育児に理解がある職場を選ぶということも大切です。
女性が多い会社だと、託児所完備やフレックスタイムを導入していることもあり、子育て中でも働ける環境を整えています。

女性は結婚・出産で生活が大きく変わるので、転職する際の会社選びは慎重に検討してください。

29歳は未経験で転職するラストチャンス

営業職から事務職に移ったり、IT業界からアパレル業界を目指したりなど、今とは畑違いの業種・業界を志望することがありますよね。
未経験で転職をするなら、29歳が最後のチャンスだと思ってください。

なぜなら、未経験だと最初から教育する必要があるので、若い人材ほど有利になるからです。
年齢が高くなるほど未経験の転職は難しくなり、30代を過ぎると採用してくれる企業はほとんどなくなるでしょう。

社会人の人材価値は、30代前半までに決まるといわれています。
なので、20代の内にキャリアの方向性を定めて、30代前半までに十分な経験を積まなくてはいけません。

そういった意味でも、未経験の転職は29歳がリミットだといえるわけです。
30歳を過ぎてからは即戦力が求められるので、同業種での転職しか勝負できなくなるでしょう。

ジョブチェンジを考えているなら、覚えておいてください。

未経験の転職でもキャリアのアピールが大切

未経験職へ応募するとしても、「何もできないですが勉強します!」といった姿勢ではいけません。
本当に何もできないなら、もっと若い人材を雇った方がマシですよね。

企業が20代後半の人材を採用するのは、過去のキャリアを活かしてくれると思っているからです。
なので、「自分が何を提供できるか」をアピールする必要があります。

企業側のニーズとしては、以下のようなものがありますね。

  • 他の業界での経験を活かしてほしい
  • 新しいアイデアを持ち込んで固定概念を壊したい
  • 他の従業員に刺激を与えて組織を活性化させたい

どんな会社にも企業カラーがあり、独特の社風や特徴を持っています。
それらがうまく機能しているなら良いのですが、何年も経つとマンネリ化してしまって成長スピードが鈍化するわけです。

そういった状況を変えるために、他の業界からの人材を採用して新しい風を吹き込みたいと考える企業は多いですね。

ですから、面接でアピールするべきことは、次のようなことです。

  • 今までどんな仕事をしてきたのか?
  • 仕事から学んだ知識や経験は何か?
  • 過去のキャリアをどのように活かせるのか?
  • 入社後にどんな活躍ができるのか?

20代前半の応募者に負けないためには、社会経験の豊富さをアピールしなくてはいけません。
何かを提供するという姿勢が無ければ、企業から興味を持ってもらえないでしょう。

すごく大切なことですから、覚えておくようにしてください。

29歳で転職を成功させるためのコツとは?

即戦力になれることを示す

20代後半以降の応募者には、即戦力が求められます。
中途採用では、期の途中から入ってくるため、十分な教育制度が整っていません。

新卒採用なら同じ時期に大量に入社しますから、まとめて研修やセミナーなどを行って効率良く教育することができます。
でも、中途採用ではバラバラに入社するため、企業としても教育に時間をかけることができないわけです。

なので、教えてもらわなくても自分で仕事を覚える必要がありますし、一日でも早く結果を出すことが求められます。
すぐに戦力になると期待されなければ、内定をもらうのは難しいでしょう。

その証明として、何かしらの実績を提示しなくてはいけませんね。
たとえば、前職における売上実績や獲得した賞、持っている資格や専門スキルといったことです。

自分が戦力になるという証拠を出せなければ、他の応募者に負けてしまいます。
20代後半にもなれば6~7年の社会経験がありますし、実績を出して管理職についている人もいるでしょう。

何もアピールできないことは無いはずなので、自己分析を行って自分の強みを明確にしてください。

具体的なキャリアビジョンを考える

1年後・3年後・5年後・10年後など、自分が目指すべき道を分かっていないと、間違った方向へ進んでしまいます。
会社選びに一貫性が無くなるので、転職に失敗する可能性も高くなるでしょう。

なので、自分が将来的にどうなりたいのかを明確にしてください。
具体的な目標を持っていれば、どのようなキャリアを積んでいけば良いのかが分かるはずです。

注意点としては、仕事だけでなくプライベートも考慮したプランを立てることです。
生活が充実してこその仕事なので、仕事一辺倒なプランにならないようにしてください。

結婚や子育て、マイホームなど、人生において大きなイベントはたくさんありますね。
ワークライフバランスに配慮した計画を立てれば、現実的な人生設計ができるはずです。

また、転職面接においても、キャリアビジョンを聞かれることがあります。
「どういった意図で応募したのか?」という志望動機につながる部分なので、ここに矛盾があると不採用になってしまうでしょう。

自分がどういう人生設計をしていて、そのために仕事はどんな位置づけなのかを明確に語ることで、矛盾のない一貫した志望動機となります。

面接官はそういったところを見ているので、質問されてもすぐに答えられるように準備をしておいてください。

転職回数が多いなら前向きな理由を語るべき

29歳ともなると、過去に何度か転職をしているかもしれませんね。
転職回数が多い場合、企業から警戒されることがあるので注意が必要です。

一般的に、3回以上の転職歴があると多いと認識されます。
辞め癖が付いていると思われるので、「人間関係が上手くできないのか?」「飽きっぽい性格なのか?」などと思われやすいでしょう。

なので、29歳で3回以上の転職経験があるなら、転職理由を伝える時に気を付けるようにしてください。

何度も転職していても、その理由が納得できるものなら問題視はされません。

  • 結婚するにあたって収入を増やしたかった
  • 親の介護のため残業のない会社へ転職した
  • 営業経験を活かして商品企画の仕事がしたかった

やむを得ない事情があったり、ステップアップのための転職なら、誰が聞いても納得してもらえるはずです。
むしろマジメな印象を与えられるので、悪印象を与えることも無いでしょう。

ただ、ネガティブな理由を語ると、間違いなく警戒されてしまいます。

  • 職場の人間関係が悪くて嫌だった
  • 単調な仕事がつまらなかった
  • ノルマがきつくて耐えられなかった

このような退職理由だと、単に逃げだしただけだと思われますね。
「またすぐに辞めるだろう」と思われると、内定をもらうのはほぼ不可能になるでしょう。

できるだけポジティブな印象を与えられるように、退職理由の伝え方には気を付けるようにしてください。

以上、29歳の転職を成功させるコツを紹介しました。

30歳を前にキャリアを確立するために、29歳というのは非常に重要な年齢です。
ここで失敗するとキャリアに傷がついてしまうので、確実に成功できるようにしましょう。

-転職に関する基本知識

Copyright© テンショQ , 2018 AllRights Reserved.