転職で妥協すると後悔する?良い妥協と悪い妥協を見極めれば失敗しない!

投稿日:

転職をするからには、自分にとって理想的な会社に入りたいですよね。
給料や労働時間、勤務地や休日日数など、自分が求める条件をすべて満たすことができることが最もベストだと思います。

でも、すべてを満たそうとしても、そんなに都合の良い会社は少ないでしょう。
理想的な会社を探し続けていると時間だけが過ぎてしまいますし、転職のチャンスを逃してしまうかもしれません。

なので、転職活動の際には、適度な妥協も必要だといえます。
こだわるポイントと妥協するポイントを間違えなければ、きっと素晴らしい転職をすることができるはずです。

ここでは、転職活動における妥協の必要性について紹介します。

良い妥協と悪い妥協を見極めないと転職で失敗する!

転職活動中は、妥協が生まれやすい状況だといえます。
普通とは全く異なる状況に置かれてしまうため、どれだけ意志の強い人であっても少なからずの妥協は生まれてしまうでしょう。

その理由としては、以下の2つがありますね。

  • 生活費が無くなるという経済的な理由
  • 活動が長引くことによる肉体的・精神的な疲労

特に、仕事を辞めてから転職活動をする人がそうですが、貯金を切り崩しながら活動を行わないといけません。
なかなか内定がもらえない状況になると、経済的な余裕が無くなってきて焦りが生まれてしまいます。

すると、「何でも良いから早く決めないと」と、第一志望でない企業へ入社してしまったりするわけです。
生活ができなくなるという恐怖は相当なものなので、経済的に行き詰ってくると妥協しやすくなるでしょう。

また、転職活動をすることは、かなりのストレスを伴う行為です。
求人の検索や企業研究、応募書類の作成や面接対策など、やることが非常に多いために相当な疲労が溜まってしまいます。

初めての会社で面接を受けるときは緊張したりするため、肉体的にも精神的にも疲れ切ってしまうでしょう。
こういった状態が続くことで、「早く抜け出したい」という気持ちが出て妥協に繋がるということです。

自分の中で明確な判断基準を作ろう

転職活動中は妥協が生まれやすい状況ですが、妥協することが悪いわけではありません。
全てにおいて完璧な会社を探していると、いつまでも転職することができませんし、無駄な時間を過ごすことになります。

だから、ある程度は妥協することで、折り合いを付ける必要がありますね。
転職のためのハードルを下げることができれば、選択肢が多くなって転職先を見つけやすくなるでしょう。

ただ、何でも妥協して良いわけではありません!
安易に妥協してしまうと、満足できない会社に入ってしまい、あとで後悔することになってしまいます。

だから、自分の中に明確な判断基準をもって、何を選んで何を捨てるべきなのかを決めなくてはいけませんね。

絶対に達成したい目標を明確にする

転職をする上で、絶対に妥協してはいけないポイントがあります。
それは、転職を決意した理由に関することですね。

たとえば、「自分の時間を大切にしたい」という目的で転職するなら、残業が少なくて休日が多い会社を選ぶ必要があるでしょう。
毎日のように残業して休日出勤も当たり前の会社だと、転職する意味がありません。

このように、自分が転職によって何を達成したいのかを考える必要があります。
それだけは絶対に譲れない条件になりますから、転職活動中は常に頭に入れておくようにしてください。

転職する目的が分からない人は、自分の気持ちを振り返ってみて本音を探る必要がありますね。

  • 今の職場の不満は何か?
  • その不満は退職しないと解決できないのか?
  • 将来的にやりたいことは何なのか?
  • やりたいことは今の会社で実現できないのか?

上記の問いを自分に対して行ってみてください。
そうすることで、何のために転職するのかという目的が見えてくるはずです。

ここで導き出された答えが、絶対に妥協してはいけないポイントになります。
これを頭に入れておくと、目先の条件に惑わされずに、会社を選ぶことができるようになるでしょう。

絶対に譲れない条件以外は妥協しても良い

先ほど考えた転職の目的は、どんな時にも絶対に妥協してはいけません。
これを曲げるくらいなら転職を諦めた方がマシなので、会社選びの際の基準とする必要があります。

でも、逆にいうと、それ以外の分は妥協しても良いということです。
何かを優先することは他の何かを捨てるということなので、転職の目的以外の部分は妥協してしまいましょう。

たとえば、「年収をアップさせること」が転職の目的だったとします。
高収入を得ようとすると求められることも多くなるので、労働時間や残業などが増えるでしょうし、休日も少なくなるはずです。

仕事のクオリティを求められるようになり、会社からのプレッシャーも強くなるでしょう。

つまり、年収アップの目的を達成しようとすると、自分の時間やプレッシャーなどの面で妥協しなくてはいけません。

でも、転職の目的が達成できれば、その転職は成功だといえるわけですね。
何かを得るためには何かを妥協しないといけないので、自分が本当に欲しいものを明確にしておく必要があります。

妥協するべき点が分かっていると、会社選びで迷うことはありませんし、最短で転職活動を終えることができるでしょう。
すごく大切なことですから、絶対に覚えておくようにしてください。

妥協するべきポイントを明確にして転職を成功させる方法

今の仕事の不満な点を考える

転職を考えるということは、現在の仕事に対する不満があるからですよね。
給料が安い、拘束時間が長い、家から遠いなど、何かしらの不満があるから転職したいと思うわけです。

なので、その不満について正直に考えるようにしましょう。
思いつく限り、紙に書き出してみてください。

自分だけしか見ないものですから、何を書いても構いません。
上司の悪口や会社の問題点など、頭の中にあるものをすべて吐き出しましょう。

ここで出す項目が多いほど、転職の目的が明確になります。

将来的にやりたいことを考える

仕事をする上で、自分のやりたいことを考えるようにしてください。
やりたいことを明確にすれば、会社選びの基準とすることができます。

以下の項目について、色々な角度から考えてみると良いでしょう。

  • やりたい仕事は何なのか?
  • それは今の会社ではできないのか?
  • どんな会社なら希望する仕事ができるのか?
  • 5年後・10年後にはどうなっていたいのか?

やりたいことが明確な人は、一貫性のあるキャリアを作ることができます。
すると、専門性の高いスキルが身に付きますし、市場価値を高めることに繋がるわけですね。

将来的にキャリアアップができますから、自分のやりたいことも明確にしておいてください。

それぞれの項目に優先順位を付ける

先ほど出した不満な点に対して、優先順位を付けるようにしてください。
絶対に達成したいものから順番に、並べ替えていくわけです。

ここでの順位が高いほど、妥協してはいけない項目になります。
そして、順位が下に行くほど、妥協しても良いということになりますね。

求人情報を調べていくと、色々な会社が目に入ると思います。
給料が高い会社やブランド力のある大手の会社、福利厚生がしっかりしている会社など、それぞれにメリットがあるので目移りしてしまうでしょう。

自分の中で目的意識が薄ければ、目先の情報に惑わされてしまって、どの会社も魅力的に見えてしまいます。
結果、どうでも良い会社に入ってしまい、転職後に後悔するという結果になってしまうわけです。

そうならないためにも、転職で何を達成したいのかを明確にしておく必要があるでしょう。

転職活動は3ヶ月と決めておく

転職活動をする上では、3ヶ月以内に終わらせることを意識してください。
それ以上続けたとしても、満足のいく結果が得られることは少ないです。

ダラダラと活動してもモチベーションが下がるだけですし、早く決めようとして重要な点まで妥協してしまうでしょう。
短期決戦で考えておく方が、成功する可能性は高いです。

3ヶ月経っても満足のいく内定がもらえないなら、まだ転職する時期ではないということなので、いったんは諦めるようにしてください。

仮に内定が決まらなくても、それは失敗ではありません。
業界で求められるスキルや経験が分かるはずなので、それを身に付けてから再挑戦することができます。

以上、転職活動における妥協の必要性について解説をしました。

自分の中で妥協するポイントが分かっていれば、転職活動をスムーズに進めることができます。
間違った会社を選ばないためにも、どこまで妥協できるかを考えるようにしましょう。

-転職に関する基本知識

Copyright© テンショQ , 2017 AllRights Reserved.