転職活動の効率を高めるコツとは?短期間で内定をもらうためのポイント

更新日:

理想的な企業へ転職するためには、いかに効率良く活動するかがポイントです。
条件の良い求人は数が少ないですし、人気が集中してしまいます。
また、仕事をしながらの活動だと、時間の捻出が大変ですよね。

なので、限られた時間の中で情報を収集して、少しでも無駄を省いて活動しなくてはいけません。
そうやって効率的に活動できれば、成功の確率を高めることができるでしょう。

ここでは、効率の良い転職活動について紹介していきます。

転職活動の効率を下げてしまう要因

効率良く転職したいと思っていても、ほとんどの人は失敗すると言われています。
転職活動中は色々な邪魔が入りやすいため、気が散ってしまうからですね。
よほどの集中力が無ければ、円滑に進められなくなるでしょう。

なので、効率を下げる要因を知っておくようにしてください。
あらかじめ分かっていれば、それに対処することもできるはずです。

仕事のストレスが溜まっている

転職を考えるということは、現職に何かしらの不満があるということですよね。
上司や先輩からのパワハラだったり、連日のサービス残業、自分のやりたい仕事ができないなど、色々な不満があるはずです。

つまり、ストレスを溜め込んでいる状態ですから、集中力を維持することができません。
些細なことでイライラしたり、落ち込んでしまうため、転職活動どころではなくなるわけです。

肉体的・精神的な疲れがあることで、効率が下がってしまうでしょう。
ゆっくり休んでから転職活動を始めるなど、自分に対するケアが必要になりますね。

仕事をしながらだと時間が取れない

転職活動をする人の多くは、仕事をしながら職探しをしています。
今の業務の合間に、求人を検索したり、面接を受けに行ったりするわけですね。

時間の都合が付きやすい仕事なら良いですが、そうでないなら時間的に厳しいはずです。
業務の終了後や有休を利用するなどの工夫をすることで、ストレスを感じてしまうかもしれません。

ただ、業務環境が過酷なブラック企業だと、全く時間が取れないこともあります。
ほとんど休日も無いような会社では、満足のいく転職活動ができないでしょう。
そういった時には、会社を辞めてから活動するといった方法が必要です。

退職してからの活動でも精神的な負担がある

時間的な余裕のない会社に勤めているなら、辞めてから転職活動をすることになります。
これなら時間が有り余っているので、上手くいくと思いがちですよね。

でも、現実はそんなに甘くありません。
すぐに内定が出れば良いのですが、なかなか決まらないと気持ちが焦ってきます。

収入が無い状態での転職活動なので、精神的な余裕が無くなるわけです。
毎日のように貯金が減っていくわけですから、まともな精神状態ではいられないでしょう。

最終的には「働けるなら何でも良いや」と考えてしまい、条件を妥協した会社に入ってしまうことになりがちですね。
資金的な余裕を持っておくか、計画的に転職活動を進めないといけません。

やるべきことが多すぎる

転職活動をする上では、かなりたくさんの作業があります。
自己分析や求人探し、応募書類の作成や面接を受けるなど、膨大な作業をこなさないといけません。

受ける企業が多いほど作業も増えるので、これだけで気が滅入ってしまう人も多いでしょう。
特に、仕事をしながらの活動だと、限られた時間の大部分を費やしてしまいます。

不採用が続くと同じ作業を繰り返すことになり、だんだん集中力が下がってくるはずです。
そうならないために、作業自体の効率化も必要ですね。

できるだけ早く転職を成功させるために必要なことは?

転職サイト「エンウィメンズワーク」にて、「仕事につくまでの期間・タイミング」についてのアンケート調査が行われました。

それによると、希望するタイミングで仕事に就くために大切なことは、以下のような回答が得られています。

参照:HUFFPOST

  1. 求人情報を多く収集する
  2. 良い情報があればすぐに応募する
  3. 希望条件に優先順位をつける
  4. 時間的な余裕を持って活動する
  5. 探す雇用形態の幅を広げる

上位の項目をまとめると、より多くの情報を集めてより早く行動することが大切だといえますね。
つまり、「いかに効率良く活動していくか」ということです。

転職の経験者も効率を重要視しているわけですから、これから転職活動をする人は効率性を重視して活動を行うようにしてください。
そうすれば、理想的な企業に入ることができるはずです。

効率良く転職活動を進めるために意識するべきこと

明確な目的意識を持つ

転職をする上で、何が目的なのかを明確にしてください。
今の会社を辞めて別の会社へ移るわけですから、何かしらの理由があるはずです。

人間関係が嫌だとか、残業が多すぎるというネガティブなものから、キャリアアップしたいというポジティブなものまで、色々あると思います。
そういった理由を、思いつく限り紙に書き出すようにしましょう。

そして、それらについて優先順位を付けるようにします。
絶対に達成したい目的を1位として、順番を付けていくわけですね。

こうすることで、譲れる条件と譲れない条件が見えてくるので、求人を探すときの基準になるはずです。
求人情報を見た瞬間に取捨選択ができますから、情報収集の効率がアップします。

また、いつまでに転職するかというゴールも必要ですね。
明確なゴールを決めていないと、いつまでもダラダラと活動することになります。
モチベーションも下がってしまい、効率が下がる原因となるでしょう。

最初にゴールを決めておくと、そこから逆算してスケジュールを決めることができます。
高い意欲を保ったまま活動するためには、目標の設定が欠かせません。

自己分析・キャリアの棚卸しを行う

効率良く転職活動を進めるためには、今後の方向性を見極めなくてはいけません。
今と同じ業界を志望するのか、異業種に挑戦するのかといったことですね。

また、自分の強みや弱みを知って、どのようなスキルを伸ばしていきたいのか、どんな武器がアピールポイントなのかということも明確にする必要があります。
それらが分かっていれば、転職活動中でも迷うことは無くなるでしょう。

そのために、自己分析を行うようにしてください。
これまでの職歴を振り返ってみて、自分の得意なことや苦手なこと、好きなことや嫌いなこと、成功体験や失敗体験などを洗い出します。

そうすれば、自分がどんな道を進むべきかが分かりますし、面接でも自分の強みをアピールできるでしょう。

自己分析のポイントとしては、スキルの取捨選択を自分で行わないことです。
自分の中では価値の無いスキルであっても、それを欲しがっている企業があるかもしれません。

なので、持っているキャリアやスキルは、全て洗い出すようにしてください。
自身でも気づいていないような、宝物を持っているかもしれないですよ。

自己分析が不十分だと、進む道を間違えたり面接でのアピールが弱くなってしまいます。
転職活動が上手くいかなくなってしまうので、自己分析は必ず行ってください。

質の高い求人情報を集める

先述のアンケート結果にもありますが、転職で成功するためには求人情報を多く集めなくてはいけません。
さらに、数だけでなく質の良い情報を集める必要があるわけです。

ここで言う質の良いとは、「自分のニーズに合った求人情報」という意味ですね。
自分が求める仕事内容や労働条件、社風などに合っていれば、それは理想的な求人となるでしょう。

それを見つけるためには、求人の裏を読み取るスキルが必要となります。
基本的に、求人情報には良いことしか書いてありません。
悪いことを書くと応募が集まらないので、良いことを中心に書くわけですね。

だから、その企業をリサーチして、本質を見極める必要があります。
企業のホームページや口コミサイトを見てみたり、実際に働いている人に会ってみるのも良いでしょう。

できる限りの情報を集めてみて、企業の内情を知るようにしてください。
情報収集については、以下のページが参考になると思います。

企業に合わせた応募書類を作成する

書類選考の通過率は30%前後だと言われていますが、その通過率を高めることはできます。
ちゃんと企業のニーズを理解して、それに合わせた書類を作成すれば、100%に近い確率で書類選考をパスすることができるでしょう。

そのためには、業界研究・企業研究をしっかりと行って、求められている人材像を理解しないといけません。
企業のニーズと自分の強みをうまく合致させると、採用担当者の目を引く書類を作ることができるはずです。

ポイントとなるのは、志望動機や自己PRについてですね。
応募に至ったキッカケや自分の強みを証明するエピソードなど、具体性があるほど響きやすい内容になります。

表面的で当たり障りのない言葉よりも、自分の想いの丈をぶつけましょう。
「本気で働きたい」という気持ちが伝われば、面接で会ってみたいと思ってもらえるはずです。

面接で自分をアピールする

書類選考を突破すると、1~3回の面接を受けることになります。
面接で確認されることは、以下の3つの項目ですね。

  • 自社の求めるスキルを持っているか?
  • 将来的に成長が見込めるのか?
  • 自社の雰囲気に合う人材なのか?

これらを証明することができれば、内定をもらうことができるはずです。
ちゃんと面接の中で伝えられるように、あらかじめ準備しておいてください。

  • 過去のキャリアから持っているスキルをアピールする
  • 入社後にやりたい仕事などの夢を語る
  • 自分の内面を出して人間性を理解してもらう

こういったことを意識すると、理想的な自己アピールになるでしょう。
自己分析をちゃんと行っていれば、特に難しいことは無いといえますね。

転職エージェントを利用して効率をアップさせる

自分一人で転職活動を進めるには限界があるので、転職エージェントを利用することをおススメします。
プロのキャリアアドバイザーによるサポートが受けられますから、効率良く活動することができますよ。

受けられるサポートは、以下の通りです。

  • キャリアカウンセリング
  • 非公開求人の紹介
  • 応募書類の作成・添削
  • 面接日時の調整
  • 面接の受け答えの対策
  • 採用結果のフィードバック

転職活動でのすべてのプロセスを、専門のキャリアアドバイザーが代行してくれます。
自分の要望を伝えるだけで条件に合った求人を紹介してくれますし、企業への応募もやってくれるわけです。

仕事が忙しくても最短で転職することができるので、効率化を考えるなら転職エージェントの利用は必須となります。

自分のキャリアに自信がない人でも、キャリアアドバイザーに相談することで道が開けるかもしれません。

以下のエージェントは信頼性が高いので、ぜひ登録してみてください。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

業界最大手のリクルートエージェントです。
人材業界で50年以上もの実績があるため、全国の様々な企業と太いパイプを築いています。

保有している求人の90%が非公開となっており、その数は10万件以上です。
業界でもトップクラスの求人数ですから、自分に合った企業と出合える可能性は高いでしょう。

また、キャリアアドバイザーの質が高いのも特徴ですね。
全国に470名のアドバイザーが在籍しており、各業界・業種に精通している人材が豊富です。

最新の業界情報や転職動向にも詳しいですし、過去に膨大な転職実績もあるので、的確にキャリア相談に乗ってもらえます。

土日祝や平日20時以降も対応可能なので、仕事が忙しくても利用できますよ。
リクルートエージェントは、確実に登録しておいてください。


type転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェントは、人材紹介業で20年以上の実績を誇る株式会社キャリアデザインセンターが運営しているエージェントです。
東証一部上場企業ですから、幅広い業種の企業と繋がりがあります。

特徴としては、転職者の71%が年収アップに成功していることですね。
キャリアカウンセリングによって、応募者の強みを的確に理解して、能力を活かせる企業を紹介することで年収アップを実現しています。

転職によって年収が下がる人は多いのですが、type転職エージェントを利用すればキャリアアップを実現できるでしょう。

保有する求人の80%が非公開求人となっており、かなり条件の良い優良企業の求人がたくさんあります。

自分で転職活動する上では絶対に見つからない企業と出合えるので、それだけでも利用価値は高いですよ。

特に、関東の一都三県の求人に特化しているので、一流企業の求人が多いのが大きなメリットです。
キャリアアップを考えているなら、登録しておきたいエージェントだと言えます。

-転職に関する基本知識

Copyright© テンショQ , 2018 AllRights Reserved.