フリーターを脱出したい人へ!30代高卒でも正社員として就職する方法

投稿日:

30代高卒フリーターの就職

自分のプライベートを優先したい人は、高校を卒業してフリーターになることが多いです。
好きなことができるのは若いうちだけだと、旅行へ行ったり好きなことをして遊び回っているわけですね。

こういった生き方は悪いことではありませんが、いつまでもできることではありません。
20代の内ならまだしも、30代を過ぎてもフリーターを続けるのはリスクが高いです。

雇用が不安定でいつ解雇されるか分かりませんし、収入も増えないために年をとっても生活をするのがやっとになるでしょう。
高卒で学歴がないからと諦めていないで、早めに就職のために動き出さなくてはいけません。

ここでは、30代高卒が正社員として就職するための方法を紹介します。

フリーターを続けることはリスクだらけ!

正社員との生涯賃金の格差は1億円以上

それでは、なぜフリーターを長く続けるべきではないのでしょうか。
それは、フリーターを続けることは、とにかくリスクが多いからです。

最も大きなリスクの一つが、収入面についてでしょう。
お金が全てとは言いませんが、生活をしていく上でお金は欠かせません。

しかし、正社員とフリーターとの生涯賃金の格差は1億円以上とも言われているように、収入の格差がとてつもなく大きいです。

もし結婚をして家を建てるとき、子供を大学に行かせなければならないときなど、家庭を持とうと思うと様々なライフイベントで大きな出費が必要になります。

また、もし生涯独身だとしても、住む家は確保しなければなりません。
とにかく生きている限りお金は必要で、収入が少ないフリーターは金銭面で苦労することが多いのです。

雇用が保障されていない

フリーターというとアルバイトとして働いていますが、アルバイトは有期雇用です。
つまり、働き先を見つけたと思っても、必ず労働できる期日があるため、期日を迎えたときに引き続き雇ってもらえるとも限りません。

また、アルバイトに関しては急に雇用を切られてしまうため、明日必ず雇用がされているという保証がないのです。
雇用が保証されていないということは、いつ収入がゼロになってもおかしくありません。

収入面の少なさから貯金も満足にできていないことが多いため、フリーターにとって雇用が保証されていないということは正社員以上に大きなリスクなのです。

国民年金だけだと老後の不安が大きい

フリーターは、老後に関しても大きな不安を抱えているでしょう。
正社員とフリーターでは加入できる年金の種類が違っていて、正社員は厚生年金という種類に加入できますが、フリーターは国民年金の加入となります。

厚生年金は国民年金に上乗せした金額がもらえるため、国民年金と比較して約2倍ほど差がつくこともあるのです。
フリーターは貯金が少ない上に、正社員と比べて老後にもらえる年金も2分の1ほどと、金銭面的に非常に不安な生活を余儀なくされてしまいます。

社会的な信用がない

フリーターの非常に辛いことの一つが、社会的信用が無いということです。
これには、2つの辛さがあります。

一つは実利的な部分で、例えば先述した家を建てるというライフイベントを迎えた際、多くの人は一度に大きなお金を払えないためローンを組むことが一般的です。
このローンを組むという行為には社会的信用、つまり安定的に収入があることが保証されるかどうかが重要となります。

つまり、フリーターの場合、収入も雇用も不安定であるため、ローンが組むことができません。
また、クレジットカードの審査にも落ちることが多いなど、分割払いによる大きな買い物ができなくなってしまうのです。

そして、もう一つが精神的辛さです。
フリーターは社会的信用がないため、頻繁に周囲から白い目で見られてしまいます。

フリーターというだけで「だらしない」「甲斐性がない」などのレッテルを貼られ、人間として低俗であるかのように扱われてしまうこともあるのです。

そして、自分だけがそういった目で見られるならまだしも、自分の家族や恋人など関係性が深い人まで同じようなレッテルを貼られることで、より大きな精神的負担を負うことになってしまいます。

就職活動をする前の準備

ポジティブな就職理由を考えておく

フリーターを続けるリスクが分かったら、すぐにでも就職活動に移りたいところですが、就職活動のための準備が必要となります。

まずは、ポジティブな就職理由を考えておくことが大事です。
企業にとって採用とは手段であり、採用をした人材が長期的に定着し活躍してくれることで、初めて採用が成功だったと喜ぶことができます。

長期的に働くという前向きな気持があることを伝えるためにも、ポジティブな就職理由は必須なのです。

具体的には、その会社に入って何がしたいのかということですね。
明確な目的意識を持っていないと、「他の会社でも良いのでは?」と思われてしまいます。

モチベーションの高さを示すためにも、就職する目的をハッキリさせておきましょう。

就職の失敗談なども集めて学習する

就職の成功事例を集めるのと同じくらい、就職の失敗談なども集めて学習することが大事です。
多くのフリーターの方が、同じような失敗を重ねています。

挨拶の仕方や当日の服装という初歩的なところから、面接で話す内容や自己PRの仕方など、実践的に勉強になるような失敗事例を学んでおくことで、就職活動時の失敗を事前に防ぐことが可能になるでしょう。

自分の友人や先輩で就活の経験がある人がいれば、何かアドバイスをもらってください。
先人から学べることは多いですから、素直に意見を聞き入れることが大切ですね。

職歴無しでも就職しやすい職種を調べておく

フリーターは、採用市場での立場が弱いことを自覚し準備しておくことも重要です。
中途採用だと経験者が優遇される傾向にあるので、職歴無しのフリーターだと軽視されてしまうことが多いんですね。

なので、職歴がなくても就職しやすい職種を調べておきましょう。
たとえば、3Kと呼ばれる仕事は、業界としては景気が良くても、就職口としては人気がなく、正社員としての就職がしやすい傾向にあります。

自分ができることと、その求人で求められている能力のバランスが取れる求人を探すことが重要です。
職歴を作れば数年後に転職もできますから、最初から完璧な会社を探すのではなく、キャリアアップのために仕事を選ぶという選択肢もありでしょう。

フリーターが取っておくと良い資格

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

職歴がないからこそ、仕事に役立ちそうな資格をとっておくことは非常に重要です。

フリーターが取っておくと良い資格のまず1つ目が、MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)。マイクロソフトが公式に発表している、WordやExcelなどのマイクロソフト・オフィス製品の利用スキルを客観的に証明することのできる資格です。

求人票に記載されている応募資格で頻繁に目にする「パソコンスキル」の多くが、マイクロソフト製品の利用スキルを意味しています。
そのため、MOSを取得していることでオフィスワーカーとして働いていくための必要スキルを最低限満たしていると証明できるのです。

簿記検定

次に取得をおすすめするのが、簿記検定です。

簿記検定の中でも、日商簿記検定が最も有名でしょう。

簿記は、企業規模の大小や業種、業態を問わずに、日々の経営活動を記録・計算・整理して、経営成績と財政状態を明らかにする技能です。

引用:商工会議所

簿記検定を取得しているだけで、会社の仕組みを一通り理解しているという印象と、また数字に強いという印象を企業に与えることができ、一定の評価を得ることができます。

また、経理としてのキャリアを歩むための足がかりにもなりえるなど、正社員として働いていく上での可能性を広げてくれるのです。
非常に汎用性の高い資格なので、どんな職種においても応用できるでしょう。

介護職員初任者研修

最後にオススメする資格が、介護職員初任者研修です。
介護職員初任者研修は「介護の入門資格」とも言われ、介護関連では最も簡単な資格ではありますが、介護業界の企業を受ける際に有利な資格となります。

介護業界は少子高齢化が進んでいる日本では、右肩上がりで成長を続けていくことが見込まれている業界であり、手に職を付けておけば非常にメリットが大きい業界なのです。

この資格があれば仕事に困ることは無さそうなので、かなり安定した生活をすることができますね。

失敗しない就職活動の始め方

ハローワークは優良企業が少ないから避ける

準備が終わったら、次は本格的に就職活動を開始します。

就職活動の最初の一歩が、求人探しです。
求人を探す際に自分が知っている手法でまず始めようと思うと、ハローワークで検索を始める人も多いと思います。

しかし、結論から言うとハローワークでの求人検索は極力避けましょう。
なぜなら、ハローワークは掲載が無料という特性から、優良企業だけではなく、有料掲載ができない零細企業やブラック企業の求人掲載も多いからです。

優良企業ほど、お金をそれなりに払っても有料の転職サイトに掲載して、効率的に優秀な人に出会いたいと考えています。
そのため、応募者側としても効率的に優良企業の求人に出合うためには、企業が有料掲載をしている転職サイトを使ったほうがよいでしょう。

おすすめなのは、リクナビネクストですね。
日本最大級の転職サイトなので、ここに登録しておけば間違いありません。

リクナビネクスト

リクナビネクスト

リクナビネクストは、日本最大手の転職サイトです。
登録者数は780万人以上・求人数は常時1万件以上と、規模としても日本最大級となっています。

登録されている求人の85%が他のサイトには無い情報なので、リクナビネクストでしか見つからない求人が多いです。
転職を考えた時には、絶対に利用するべきサイトですね。

また、プロフィールを登録しておけば、企業から面接オファーが来たります。
書類選考をパスして最初から面接を受けられるので、かなり有利に転職活動を進めることができますよ。

早々に転職の予定が無くても、プロフィール登録だけはしておくべきです。

5分で無料登録できるので、ぜひ使ってみてください。

給料や待遇だけで会社を選ばない

また、求人を検索する際には、給料や待遇だけで選ばないことも重要です。

正社員として就職する際には、長期的に働いていくということを前提に探さなくてはいけません。
長期的な目線から考えると、企業・仕事内容の将来性が大事になります。

もし一時的に給与・待遇が良くても、その会社が数年で潰れてしまったり、その仕事が数年のうちに社会から必要とされなくなってしまっては、結局フリーター生活に逆戻りすることになりかねないからです。

目先の待遇に惑わされると、会社選びに失敗してしまうので注意してください。
長く働ける会社を見つけることが、就職活動の成功だといえますね。

フリーター中に得た経験をアピールポイントにする

また、就職活動中に大事になってくるのが、自己アピールです。
企業がなぜ自分を採用する必要があるのかを、魅力的に語る必要があります。

フリーターの中には、フリーター期間について触れたがらない人も多くいますが、あえてフリーター中に得た経験をアピールすることをオススメします。

企業はその人が長期的に定着し活躍してくれるかどうかを判断するために、その人の思考性を入念に確認しようとするわけです。
長期的に活躍し続けられるかどうかの大事な素質の一つは、その人がどのような状況でも前向きに頑張り、学びを得て成長し続けられるかどうかということですね。

つまり、フリーター生活の中でも、学び努力したような経験を得ることができたということは、非常に魅力的なアピールポイントになりうるのです。

落とされないための書類選考・面接の対策

職歴が無いのでスキルよりも人柄を強調するべき

最後により具体的な話、選考で落とされないための書類選考・面接の対策について解説します。

まず大事なのが、下手にスキルで戦おうとしないことです。
当たり前の話ですが、フリーターの方は職歴が無いため、同世代の社会人経験者と比べてスキルは劣るので、スキルをアピールポイントにすると不合格になりやすくなります。

そのため、スキルよりも人柄に焦点を変えて戦いましょう。
企業側としてもフリーターということで、スキルよりも人柄が良いかを判断材料にしていることが多いです。

そこで「前向き」「ひたむき」などの評価を得ることができれば、総合的な判断も上がり選考に受かりやすくなるでしょう。

キレイな履歴書を作って真面目さをアピールする

履歴書の書き方一つでも、評価を上げることが可能です。
繰り返しになりますが、企業は長期的に定着して活躍する人材を求めています。

長期的に定着するかどうかで大事なのが、勤勉さです。
真面目にコツコツ働いてくれる人は、長期的に安定して働いてくれるでしょう。

その真面目さをアピールできるのが、履歴書の書き方なんですね。
文字がキレイな履歴書というのは、その人の律儀さや真面目さをアピールする良い材料となります。

書類の印象がいいと、面接でもその印象を持ったまま挑めるので非常に有利です。
書き方のマナーを守ることはもちろん、できるだけ丁寧な文字で書けばポジティブに印象付けることができるでしょう。

面接では身だしなみやマナーに細心の注意を払う

フリーターというマイナスイメージを、面接で上手くひっくり返すことも重要です。

ひっくり返すポイントは、身だしなみやマナーですね。
面接官はフリーターというだけで、身だしなみやマナーといった社会人の基本が欠如しているとつい思いがちです。

しかし、面接でその印象を細心の注意を払い、身だしなみ・マナーが整って入れば、最初の印象が悪い分、より評価・印象が好転していきます。
ギャップが大きいほど印象も良くなるので、社会人として恥ずかしくない対応を心がけてください。

「なぜフリーターだったのか?」という質問の答えを用意する

面接で必ず聞かれる質問は、「なぜフリーターだったのか?」です。

この質問に関しては、逃げずにしっかりと答えを用意しましょう。
答えが立派なものでなくても構いません。

大事なことは、嘘をつかないことと、理路整然と答えることです。
何かやりたいことがあってフリーターをしていたのなら、正直に答えるようにしてください。

もしも、やりたいことが無くてフリーターをしていたのであれば、計画性の無さを正直に反省して、これから仕事をする上での意欲を伝えましょう。
十分な熱意が伝わると、採用するメリットを感じてもらえるはずです。

明確な理由が無いのなら、答え方に注意しないといけません。
「特にやりたいことが無いのでフリーターだった」だけでは、単に計画性が無いだけの人だと思われてしまいます。

こういった時には、過去の自分に対する反省を示し、これから前向きに働きたいという気持ちを伝えるようにしてください。

引用:フリーターが就職面接を突破する方法とは?

フリーターからの就職は就職エージェントを利用しよう

30代の高卒フリーターでも就職は可能ですが、自己アピールの方法や応募する企業選びなど、気を付けるポイントがたくさんあります。
職歴のある20代の若手と比較されると負けてしまう可能性が高いので、自分の見せ方に工夫しないといけないわけです。

そして、年を重ねるごとに就職が難しくなるため、正社員を目指すのであればできる限り早めに仕事を見つけないといけません。
スピード勝負ですから、最短で結果を出せるように対策が必要です。

そこで、就職エージェントを利用することをおススメします。
キャリアアドバイザーが担当についてくれるため、非公開求人の紹介から応募書類の作成、面接の対策まで就職のサポートを何でも行ってくれるわけです。

また、全国の企業と関係性を持っているので、内定してもらえるように企業の担当者に推薦をしてくれたりもします。
30代の高卒フリーターだと企業から敬遠されがちですが、就職エージェント経由で応募すれば、かなり有利に選考してもらえますよ。

フリーターから正社員を目指すのであれば、就職エージェントの利用は必須だと言えます。

以下のエージェントは、実績が豊富で当サイトでも人気です。
無料で利用できますから、ぜひ使ってみてください。

ジェイック

ジェイック

ジェイックは、25年以上の実績がある就職エージェントです。
Jリーグの東京ヴェルディのスポンサーを務めており、人材業界では大手の会社だといえますね。

既卒やフリーターからの就職に特化していて、なんと就職成功率は80.3%にもおよびます。

高い就職実績の秘密は、就職講座を開催してビジネスマナーや面接の受け方、自己PRの仕方などを指導しているからです。
これにより、初めての就職活動であっても、迷うことなく自分をアピールすることができます。

また、優良なホワイト企業の求人だけを20社紹介してくれ、その中から気に入った企業へ応募することが可能です。
しかも、書類選考なしで面接へ進めるので、かなり高い確率で内定をもらうことができますね。

社会経験がない人でも、安心して就職活動を進められるでしょう。


ハタラクティブ

ハタラクティブ

20代のフリーターや既卒を対象としたエージェントで、未経験から正社員を目指す人に専門特化しています。
未経験歓迎の求人を1,500件以上も保有しており、職歴がない人でも問題なく内定を目指すことができるはずです。

独自のカウンセリングノウハウを持っているので、求職者の隠れた魅力を引き出して向いている職種や業種を発見してくれます。
60,000人以上のカウンセリング実績がありますから、5~10年先を見据えた提案をしてもらえるでしょう。

応募書類の添削や面接対策もバッチリで、書類審査通過率91.4%、内定率80.4%という高い水準をキープしています。

-フリーター・ニートの就職

Copyright© テンショQ , 2018 AllRights Reserved.