フリーターは辛い人生を歩むことになる!人生をやり直すために正社員就職を目指そう

更新日:

フリーターの人生は辛い

気ままに楽しく生きていきたい。
そんな思いから、大して考えもせずにフリーターを選択してしまう人が多いのが現実です。

若いうちならフリーター仲間も多いですし、将来について悲観的になることはありません。
実家暮らしだとお金もかからず、収入が少なくても暮らしていくことができます。

しかし、中長期的に見た時にフリーターほど辛い道が待っている選択もありません。
引き返せない年齢を迎える前に、正社員として就職するべきなのです。

今回は、フリーターがなぜ人生をやり直すために正社員就職を目指すべきかについて解説します。

目次

フリーター生活は辛いことが多い

社会的身分が低いので他人より劣等感を感じる

具体的に、フリーター生活にはどんな困難が待っているのでしょうか。

まず基本的に、フリーターは社会的身分が低いです。
日本では生活が安定していることこそ、社会的にしっかりしていると思われます。

そのため、不安定の象徴であるフリーターは、どうしても社会的身分が低いがゆえに軽視されがちです。
近所でも常に嘲笑の的になったり、正社員として働いている昔の同級生などに会うたびに劣等感を感じることになり、精神的に大きな負担を抱えることになります。

十分な収入が得られず金銭的な余裕がない

フリーターだと十分な収入が得られず、理想の生活を送ることができません。

なぜなら収入から考えると、毎月の生活に精一杯でそれ以外の余暇に使うお金や、中長期的なライフプランに向けた貯金にあてるお金が得られないのです。

たとえば、厚生労働省が発表した「平成27年賃金構造基本統計調査」から見ると、正社員以外で働いている人の平均月収は20万5,100円となっています。

「20万あればなんとかなるのでは?」と思われがちですが、統計局 家計調査の「1世帯当たり1か月間の収入と支出(2015)」を参照すると、家賃を除いた若者の一人暮らしの平均月生活費は13万3,000円。

ここに家賃が加わると、どう考えても20万近くの出費にならざるおえません。

つまり、どう頑張っても月々ただ生活していくだけで精一杯になるのです。

年齢が上がるほど職場で浮いた存在になる

アルバイトとして働くということは、他にもアルバイト仲間がいるということです。
そして、通常はアルバイトの多くは学生となります。

つまり、学生を辞めてフリーターとして働き始めると、年齢が上がるほど他のアルバイトと年齢が開いていくことになるんですね。

20代前半などであればまだ良いですが、20代後半にもなってくると10歳近く年齢が離れた人たちと働いてくことにもなりかねません。
そうすると、どんどんと話や感覚も合わなくなり、次第に職場で浮いた存在になってしまうのです。

体を壊したら終わりなので病気にもなれない

フリーターは、正社員と違って時給で働いています。
つまり、働いた時間=収入となるわけで、良く言えば働くほどお金が稼げる、悪く言えば働かないと一切収入が入ってこないということです。

これは体を壊すと収入が無くなることを意味しており、生活する上では相当なリスクとなります。
もし、インフルエンザにかかったら1週間、少し重い病気にかかったり怪我をしたら1ヶ月近く、収入が入らない可能性があるでしょう。

若い内は体力的に無理もできますが、年齢を重ねるほど体調を崩しやすくなるため、フリーターを続けるほど生活に無理が生じてくるのです。
自転車操業で生活しないといけなくなり、年を取るごとにリスクは高くなってしまいます。

経済力が無いため結婚や子供を作ることが難しい

フリーターは貯金ができない、体を少しでも壊すと収入がなくなるといったように、経済力が非常に乏しいです。
そのため、大事なライフイベントである結婚や子供を作ることがどうしても難しくなります。

結婚や子供を作るということは、どうしても急な大きな出費が伴うものです。
貯金もできず収入の大幅なアップも見込めないフリーターでは、現実的な選択肢ではありません。

仮に、お金が無くても良いとパートナーが言ってくれたとしても、その親御さんからの許可を得ることはできないでしょう。
フリーターには何の保障もないですし、そんな人間との結婚を許してはくれないはずです。

家族を持つ以上は経済力を持つことが大切なので、フリーターでは難しいと言えます。

バイトは職歴にならず就職にも不利となる

いざ一念発起して「正社員になりたい」と思った時、バイト歴が長いほど就職は難しくなります。
なぜなら、バイトは職歴にはならないからです。

中途採用では即戦力が求められるので、どうしても経験者を優先して採用していきます。
バイト経験があっても職歴だとは認められないため、未経験者という扱いとなって選考で不利になるわけです。

よってバイト歴が長いほど評価は低くなり、正社員として受け入れてくれる企業は少なくなっていきます。

フリーターというだけで頑張っても評価されにくい

また何かにつけて「フリーター」という経歴は、社会においてあなたの足を引っ張ります。

どんな努力をしても、「でもフリーターでしょ」という言葉がついて回るからです。
悲しいことですが、まだまだそういった偏見は世の中に沢山あります。

アルバイトは簡単な業務しか与えられませんし、正社員と比べて責任がありません。
だから、大きな成果を出すことができず、周りから認められにくいといった問題があります。

もしあなたが社会的立場を改善したい場合、まずフリーターであることを辞めることが第一歩です。

正社員になればフリーターの悩みの多くは解決できる

収入が安定して生活にゆとりができる

フリーターは、フリーターで有り続ける限り、先述したような多くの悩みにさらされつづけます。
その解決策としては、フリーターを辞める、つまり正社員になることが最も簡単な手法なのです。

フリーターの辛い点の1つが、生活面に関してですね。
貯金はできない、体を少しでも壊せない、ライフイベントを迎えられない、これらは全て安定した収入がないがゆえの苦労です。

しかし、正社員になればこれらは全て解決されます。
月々安定した収入が入ってくる上に、有給休暇が使うことはできるし、ローンを組むことも容易です。

短期的にも長期的にも、収入に関してビクビクしながら生活することはありません。

劣等感が無くなって人間関係が良くなる

正社員になれば、周囲から何かと批判されることも、自分自身に感じていた劣等感もなくなっていきます。

フリーターであることに、本当は周りは何も思っていないのに、勝手に自分で劣等感を感じてしまう方は多いです。
その結果、いつの間にか人間関係がギクシャクしていたことも多々あるでしょう。

そういった気持のすれ違いも正社員になることで緩和され、今までよりも人間関係が良くなっていくはずです。

なにより自分に自信を持つことができるため、人前でも堂々と話すことができるようになります。
その自信がモチベーションに繋がっていき、ますます仕事への意欲も高まっていくでしょう。

良い循環が生まれますから、ますます生活にハリが出てくると思います。

社会的に肩身を狭い思いをしなくなる

正社員になったことで、悪く言ってくる方は全くいません。
また、今まで審査に落ち続けてきたクレジットカードやローンなども、問題なくサービスを受けられるようになります。

そのため、どんどんと社会から受け入れられていく実感が湧いてくるはずです。
何かあるたびに、「フリーターだから」と感じさせられてきた肩身の思い狭いは、徐々に解消されていくでしょう。

社会からの疎外感が無くなれば、何事に対しても前向きに考えられるようになります。

社会保障が万全なので将来に希望が持てる

正社員になることで、長期的なライフプランがより立てやすくなります。
その大きな違いの1つが社会保障で、正社員の場合だと厚生年金に加入できることは大きなメリットの1つです。

厚生年金は、誰でも加入できる国民年金よりも、受給額が大きく違います。
つまり、正社員になることで厚生年金に加入でき、老後により多くのお金をもらえることで、働かなくなったあとでも安定した生活を送ることができるのです。

もしフリーターの場合、ただでさえ収入が低い中で、老後の年金では足りないからと、さらに金銭面のやりくりをしなければいけません。
収入が少ないために、国民年金すら支払っていない人も多いですね。

老後にゆとりのある生活ができるのが、正社員とフリーターの圧倒的な違いといえます。

フリーターが就職する前に考えること

焦って就職しても続かない可能性がある

「それじゃあ一刻も早く就職しなきゃ!」と思われるかもしれませんが、動き出す前に就職について情報や考えを整理する時間を作ることをオススメします。

なぜなら、とにかく焦ってどこでも良いからと就職しても、長続きをしなければ意味がありません。
なんとなく就職して、なんとなく嫌になってまたフリーターに戻ってしまっては、また職務経歴に傷がつくだけだからです。

自分に合った仕事をしてこそ就職する意味がある

自分に合った仕事でないと、長く働くことはできません。
正社員として就職するということは、もしかすると数十年の人生をその会社・仕事に費やすということを意味します。

だからこそ、自分に合っているもの、自分が熱意を注げる仕事に就かなければ、長続きもしませんし面白くもない人生を過ごすことになってしまいます。

正社員になることを目的にするのではなく、自分に合った仕事をすることを目的にしてください。
そういった考え方をすれば、長く安定的に働くことができるはずです。

やりたいこと・得意なことを紙に書き出してみる

自分に合った仕事と言われても、皆目検討もつかないという方も多いでしょう。

そんなときは、やりたいこと・得意なことを紙に書き出してみてください。
書き出したことが直接的に仕事につながるようには見えないと思いますが、やりたいこと・得意なことと関連付けることはできるはずです。

たとえば、「今まで住んできた町に恩返しができるような仕事がしたい」ということであれば、地元の建設会社などいいかもしれません。

年配の方とコミュニケーションが取るのが得意ならば、介護系の仕事でやりがいを持って働ける可能性が高いです。
一度自分で文字にして書き起こしてこそm気づけることがたくさんありますので、ぜひ試してみてください。

目指す仕事を決めたら業界動向や平均給与などを調べておく

もちろんやりたいこと・得意なことだけで仕事を決めてしまうのではなく、働くからには条件・待遇面も重要です。

そして、給与と並んで、就職してみたい業界の動向を調べるのも非常に大事となります。
なぜなら、もし今は景気が良くても、将来的に市場が縮小していくことが確実な場合、その業界の景気は悪くなり、給与は下がり、もしかしたらリストラされてしまう可能性があるからです。

そのため、現在の平均給与のみで待遇面を想定するのではなく、向こう数十年その業界はどうなるのかということまで調べておきましょう。

将来が明るい業者を選んでおけば、市場価値の高いスキルを得られますし、大幅な昇給も期待できるはずです。

フリーターから正社員を目指すときの心構え

自分が崖っぷちの状態だと理解して真剣に就職活動を行う

本格的に就職活動を始めるとなったときに、フリーターである場合は一定の心構えが必要です。

まず大前提として、フリーターは後がない状態だと理解してください。
つまり、他にも正社員として就職したい若者がいた場合、自分が最も崖っぷちにいることを理解して、誰よりも真剣に就職活動を行う必要があります。

ニュースでは採用市場において、若者はとりわけ売り手市場だと叫ばれていますが、フリーターはニュースが言っている若者よりも非常に苦しい立場にいることを忘れないでください。

年齢が若かったとしても、真剣に就職活動を行わないと正社員にはなれません。

いつまでに就職するのか明確な計画を立てる

次に大事なのは、計画性です。
計画性の中でも基本中の基本は、「いつまでに就職するのか」という明確な計画を立てること。

人は目標があって初めて本気を出せます。
半年後までに就職すると自分に誓った場合と、とりあえず数年以内にはと適当に目標を決めた場合だと、本気度が違ってきます。

必ず明確な期日を区切ることで、自分を奮い立たせましょう。

会社の評判をチェックしてブラックかどうかを見極める

会社選びにおいて、入念な企業分析は必須です。
企業のホームページや就職サイトに載っている求人票を確認するのは、誰でも当たり前に行っていると思います。

気を付けてほしいのは、上記情報サイトには企業が載せたい情報しか掲載されていないということです。
つまり、表向きの情報しか拾えないということですね。

そこで大事なのが会社の評判、つまり中の声を集めることです。
Web上で検索をすると、従業員の人達が企業の評判をアップした情報サイトが必ず見つかります。

そこで必ず働いている人の生の声を集めることで、その企業が表向きは良い顔をしているだけのブラック企業かどうかを入念に確認しましょう。
そうすれば、入社してから理想と違っていたというリスクを防ぐことができます。

「フリーター歓迎」「未経験可」といった求人へ優先的に応募する

先述したように、フリーターは正社員就職において崖っぷちです。
そのため、どれだけ応募し続けても、不合格になってしまう可能性は少なからずあります。

そんなときは、より効率的に合格するためにも、「フリーター歓迎」「未経験可」といった求人は優先的に応募しましょう。

こういった企業はフリーターなどの未経験者が入っても、入社後育成する環境を整えてくれている場合もあります。

また、書類選考にも受かりやすいので自信がつき、その後の就職活動もポジティブに行えるので、優先的に応募をしといた方が良いのです。

フリーターからの就職は就職エージェントを利用しよう

フリーターを続けることはリスクが高すぎるので、一刻も早く正社員にならないといけません。
正社員になれば年齢と共に昇給していきますし、社会保険も完備されているので安心して生活できるようになります。

ただし、フリーターだと職歴が無いために、受け入れてくれる企業は少ないです。
同年代の転職者と比較されると、スキル面で圧倒的に不利なんですね。

そこで、就職エージェントを利用することをおすすめします。
フリーターやニートを対象に就職のサポートをしているサービスで、プロのキャリアアドバイザーに就職の相談をすることができますよ。

未経験でも応募できる求人を紹介してくれたり、応募書類の作成や面接対策などもやってもらえます。
ブラック企業を紹介されるというリスクもありませんから、安心して就職活動ができるはずです。

自分一人で活動するよりも、明らかに効率が良いですよ。

以下のエージェントは、就職実績が豊富で非常に信頼性が高いです。
当サイトでも人気がありますから、ぜひ利用してみてください。

ジェイック

ジェイック

ジェイックは、25年以上の実績がある就職エージェントです。
Jリーグの東京ヴェルディのスポンサーを務めており、人材業界では大手の会社だといえますね。

既卒やフリーターからの就職に特化していて、なんと就職成功率は80.3%にもおよびます。

高い就職実績の秘密は、就職講座を開催してビジネスマナーや面接の受け方、自己PRの仕方などを指導しているからです。
これにより、初めての就職活動であっても、迷うことなく自分をアピールすることができます。

また、優良なホワイト企業の求人だけを20社紹介してくれ、その中から気に入った企業へ応募することが可能です。
しかも、書類選考なしで面接へ進めるので、かなり高い確率で内定をもらうことができますね。

社会経験がない人でも、安心して就職活動を進められるでしょう。


ハタラクティブ

ハタラクティブ

20代のフリーターや既卒を対象としたエージェントで、未経験から正社員を目指す人に専門特化しています。
未経験歓迎の求人を1,500件以上も保有しており、職歴がない人でも問題なく内定を目指すことができるはずです。

独自のカウンセリングノウハウを持っているので、求職者の隠れた魅力を引き出して向いている職種や業種を発見してくれます。
60,000人以上のカウンセリング実績がありますから、5~10年先を見据えた提案をしてもらえるでしょう。

応募書類の添削や面接対策もバッチリで、書類審査通過率91.4%、内定率80.4%という高い水準をキープしています。

-フリーター・ニートの就職

Copyright© テンショQ , 2018 AllRights Reserved.