ハローワークと転職エージェントを徹底比較!条件の良い転職ができるのはどれか?

更新日:

求人探しの定番としては、ハローワークがありますよね。
厚生労働省が設置している行政機関なので、全国から多くの求人が集まっていて無料で仕事を探すことができます。

失業保険の手続きなども受け付けていますから、会社を辞めたらハローワークへ行かなくてはいけません。
その際に、ついでに求人の検索もする人が多いでしょう。

一方、民間企業が行う求人紹介として、転職エージェントもあります。
非公開求人を扱っているのが特徴で、ハローワークには無いような求人があったりしますね。

手厚いサポートが受けられることから、転職エージェントの利用者も増えているようです。

有利に転職活動を進めるためには、ハローワークと転職エージェントを上手く使い分けることが大切となります。
どちらにも一長一短がありますから、それらを理解しておいてください。

ハローワークの特徴について

求人を探すときに、最初に思いつくのはハローワークでしょう。
各都道府県に設置されており、全国に出張所を含めると544ヵ所もあります。

求職者の約17%がハローワーク経由で就職していて、日本最大の職業紹介所だといえますね。
その特徴について、詳しく見ていきましょう。

ハローワークのメリット

  • 圧倒的な求人数がある
  • 地方の求人でも簡単に見つけられる
  • カウンセリングや職業訓練を受けられる
  • シングルマザーや若者に特化したサービスもある
  • 選考の合否が通知される

まず、大きな特徴としては、求人数の多さがありますね。
全国から100万件を超える求人が集まっており、中小零細企業から大企業まで幅広い求人情報を調べることができます。

なので、大都市圏だけでなく地方都市での求人も豊富で、Uターン・Iターン転職の際にも役に立つでしょう。
転職サイトなどでは大都市の求人しかなかったりしますから、ハローワークの利用価値は高いです。

また、子育て中の方の就職支援として「マザーズハローワーク」、正社員登用を目指す若者向けの「わかものハローワーク」、新卒・既卒者向けの「新卒応援ハローワーク」など、専門特化した事業所もあります。

育児をしているシングルマザーの方は、子育てと仕事の両立などで悩みがちですよね。
そういった特殊な悩みでも、専門の相談員がアドバイスをしてくれます。

そして、選考の合否の通知や不採用の理由なども分かりますから、ちゃんと対策して次の企業へ挑むことができるでしょう。
マイナスポイントを修正できれば、内定率を高めることができるはずです。

転職サイトなどから応募すると、不採用になっても理由が分かりません。
それだと、自分の問題点を解決できずに進むことになるので、不採用が続くという悪循環に陥ってしまいます。

ハローワークのデメリット

  • 求人内容と実際の仕事環境に差があることが多い
  • 求人票の情報量が少ない
  • 都心の大企業の求人は多くない
  • 相談員の質が一定ではない
  • 自発的に転職活動をしないといけない

ハローワークの大きな欠点としては、求人の審査が甘いことですね。
求人に書いてある内容と企業の実態が異なることがあり、入社してみるとブラック企業だったということがあります。

転職サイトなどよりも審査が緩いため、嘘の情報を書いて応募者を集める悪徳な企業も少なくありません。
無料で掲載できる分、質の悪い企業の求人も入ってしまうわけです。

また、掲載される企業は、どちらかというと中小零細企業が中心となります。
掲載料が無料ですから、広告費を掛けられない企業が多くなってしまいますね。

首都圏の大企業などは資金が潤沢なので、転職サイトや転職エージェントを利用して有料で求人を集める傾向があります。
なので、都会での転職を考えているなら、あまり良い求人が見つからないかもしれません。

転職カウンセリングを受けるにしても、相談員の質にバラつきがあるため人によっては満足のいくアドバイスが受けられないこともありますね。
ハローワークの職員の半数は非正規社員ですから、転職市場の知識を十分に持っていないことがあるわけです。

カウンセリングの際には、相談員の質を見極めるようにしないといけません。

あくまでもハローワークは求人を集める場所なので、応募書類の作成や面接などは自分に行う必要があります。
自発的に動かないといけませんから、意志の弱いに人には向いていないかもしれないですね。

転職エージェントの特徴について

転職エージェントは、民間企業が運営する職業紹介所ですね。
大小を合わせると全国に1万社以上のエージェントがあるといわれ、その特徴や規模などは異なっています。

ハローワークよりも求人数が少ないですが、きめ細やかなサポートを行っている業者もあり、上手く活用すれば転職活動を有利に進めることができるでしょう。

そのメリット・デメリットについて解説をします。

転職エージェントのメリット

  • ホワイト企業の求人を多く集めている
  • キャリアドバイザーの質が高い
  • 万全なサポートを受けることができる

まず、企業が転職エージェントで求人を募集するには、紹介料を支払わなければいけません。
入社が決まってから手数料が発生する成果報酬で、100万円以上と高額になっています。

なので、それくらいの費用を支払える企業しか、転職エージェントには集まらないことになりますね。
資金力のある大企業やホワイト企業の求人が多くなり、年収アップや休暇の多い転職も夢ではありません。

ハローワークだと無料なのでブラック企業も増えますが、転職エージェントではそういった心配をしなくて済むはずです。

また、キャリアアドバイザーの教育をしっかりとしているので、全体的にスキルの高い担当者が多い傾向にあります。
転職が決まらないと利益が出ないビジネスモデルですから、大手のエージェントだと徹底的にアドバイザーの質を高めますね。

そのため、キャリア相談や自己分析、求職者に合う求人の紹介など、かなりハイレベルなサポートを受けることができるわけです。
応募書類の作成や面接スケジュールの調整もしてくれるため、自分では何もする必要がありません。

仕事で忙しい人でも転職活動を進められるので、在職中でも仕事を見つけることができるでしょう。

転職エージェントのデメリット

  • 自分のペースで活動することができない
  • アドバイザーとの相性が悪いと求人の精度が下がる

転職活動のすべてをサポートしてもらえるのがメリットですが、逆にいうと自分のペースを乱されることがあります。
どんどん求人を紹介されて面接を組まれるので、気持ちの整理がつかないままで活動することになるかもしれません。

すぐに転職を考えていないなら、その旨を明確にアドバイザーに伝えておく必要がありますね。

また、キャリアアドバイザーとの相性が悪ければ、自分の意図と異なる求人を紹介される恐れもあるでしょう。
意思疎通が不十分だと自分の要望が伝わりませんし、的外れな求人ばかり持ってこられてしまいます。

人には相性があるので仕方ないのですが、どうしてもダメなら他の担当者に変更するといった対策も必要になりますね。

結局、ハローワークと転職エージェントはどちらが良いのか?

これまで見てきたように、ハローワークにも転職エージェントにも、それぞれメリット・デメリットがあります。
どちらか一方が優れているわけではないので、状況に応じて使い分けるのが良いでしょう。

両者の特徴をまとめてみます。

求人の多さはハローワークが圧倒的となっていて、特に地方の求人に強い印象があります。
地元での転職を考えているなら、ハローワークを使うべきだといえるでしょう。

また、他人に干渉されずにマイペースに転職活動をしたい時も、ハローワークは適していますね。
急ぎでなくとりあえず求人を探したい人には、すごく向いていると思います。

一方、求人の質とサポート体制は、転職エージェントが圧倒的に高いです。
厳しい審査があるのでブラック企業は登録できませんし、資金に余裕のある優良企業の求人が中心に集まっています。

高収入・好待遇の企業が見つかりやすいため、転職によるキャリアアップも夢ではありません。

求人の紹介から面接のセッティングまですべてを行ってくれるので、すぐに転職したい人に向いているといえるでしょう。

まずはハローワークで求人を検索してみて、良いものが無ければ転職エージェントに登録してみるのが良いと思いますね。

条件の良い転職なら転職エージェントを利用するべき

先述したように、転職エージェントには良質な求人が多く集まっています。
一般には出回らない非公開求人なので、ハローワークや転職サイトには存在しない情報が見つかるわけです。

年収をアップさせたい、休日を増やしたい、残業を減らしたいなどの希望があるなら、転職エージェントを利用するべきでしょう。
優良企業の求人ばかりですから、自分の希望が叶う可能性が高いです。

他にも、以下のような手厚いサポートも受けられます。

  • 今後のキャリア相談
  • 求職者に合う非公開求人の紹介
  • 企業に合わせた応募書類の作成・面接対策
  • 面接スケジュールの調整
  • 給与や待遇などの条件交渉
  • 選考結果のフィードバック

キャリアアドバイザーに任せるだけで、求人探しから応募まですべてをやってもらうことができます。
転職に成功したいなら、エージェントに任せるのが近道だといえますね。

以下のエージェントは、実績が高いので自信をもっておススメできます。
ぜひ登録してみてください。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

業界最大手のリクルートエージェントです。
人材業界で50年以上もの実績があるため、全国の様々な企業と太いパイプを築いています。

保有している求人の90%が非公開となっており、その数は10万件以上です。
業界でもトップクラスの求人数ですから、自分に合った企業と出合える可能性は高いでしょう。

また、キャリアアドバイザーの質が高いのも特徴ですね。
全国に470名のアドバイザーが在籍しており、各業界・業種に精通している人材が豊富です。

最新の業界情報や転職動向にも詳しいですし、過去に膨大な転職実績もあるので、的確にキャリア相談に乗ってもらえます。

土日祝や平日20時以降も対応可能なので、仕事が忙しくても利用できますよ。
リクルートエージェントは、確実に登録しておいてください。


type転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェントは、人材紹介業で20年以上の実績を誇る株式会社キャリアデザインセンターが運営しているエージェントです。
東証一部上場企業ですから、幅広い業種の企業と繋がりがあります。

特徴としては、転職者の71%が年収アップに成功していることですね。
キャリアカウンセリングによって、応募者の強みを的確に理解して、能力を活かせる企業を紹介することで年収アップを実現しています。

転職によって年収が下がる人は多いのですが、type転職エージェントを利用すればキャリアアップを実現できるでしょう。

保有する求人の80%が非公開求人となっており、かなり条件の良い優良企業の求人がたくさんあります。

自分で転職活動する上では絶対に見つからない企業と出合えるので、それだけでも利用価値は高いですよ。

ただ、関東の一都三県の求人に特化しているため、地方での転職を考えている人には向いていません。
首都圏での転職を希望する人は、ぜひ利用してみると良いでしょう。

-転職に関する基本知識

Copyright© テンショQ , 2018 AllRights Reserved.