新卒で会社を辞めたいときは?1年未満で辞めるときの退職理由の考え方

投稿日:

新卒で入社した会社を、数ヶ月で辞めたくなってしまうことがあるでしょう。
社会人デビューしたばかりで、学生時代との違いで戸惑ってしまったり、理想と異なる仕事内容で落胆してしまう人も少なくありません。

でも、数ヶ月で退職してしまっては、次の仕事が決まらないかもと不安になりますよね。
両親や親戚の目もありますし、簡単には辞められない状況があると思います。

しかし、どうしても納得できないことがあるなら、さっさと辞めてしまった方が将来的にはプラスに働くことも考えられますね。
辞めたくなった時には、よく考えてから行動をしましょう。

ここでは、新卒で会社を辞めたくなった時の考え方を解説します。

新卒1年未満で辞める人は少なくない

厚生労働省が発表した「新規学卒者の離職状況」によると、新卒1年未満で退職する人は11~13%程度となっています。

  • 平成24年3月卒:13.0%
  • 平成25年3月卒:12.7%
  • 平成26年3月卒:12.2%
  • 平成27年3月卒:11.8%
  • 平成28年3月卒:11.3%

引用:厚生労働省

新卒の1割ほどが数ヶ月で退職しているわけですから、そこまで珍しいことではないということですね。

また、口コミサイト「転職会議」の調査で、新卒3ヶ月以内に辞めた人の理由が公開されていました。

  1. 時間外労働が多い
  2. 社風・体制に不満
  3. 給与が低い、残業代が出ない
  4. ノルマ・プレッシャーがきつい
  5. 人間関係に関する不満

引用:DIME

待遇面による不満を抱えていて、退職を考える人が多い印象ですね。
事前に聞いていた内容と実際の労働環境が異なるのは、会社であればよくあることだと思います。

働いてみないと分からないことも多いので、入社してから気付くといったことも多いでしょう。
会社のやり方に馴染めないことで、退職を考えるようになってしまいます。

でも、安易な気持ちで会社を辞めると、後悔することになるでしょう。
短期間で退職するとイメージが悪くなりますし、転職活動をしても書類選考で落とされる可能性が高くなります。

よほどの事情があれば別ですが、基本的には最低でも1年以上は続けた方が良い場合が多いですね。

新卒1年未満でも辞めた方が良いケースとは?

日本人は我慢強い性格なので、納得できない環境でも耐えようとする人が多いです。
しかし、無理をし続けてしまうと、肉体的にも精神的にも限界を迎えてしまい、体調を崩してしまうかもしれません。

過労やうつ病にかかる人は多いですから、そうなると社会復帰できなくなる可能性すらあります。
自分の人生を棒に振ってしまう可能性もあるので、体に異変をきたすような状況であれば早急に辞めた方が良いでしょう。

たとえば、以下のような場合であるときです。

  • 月100時間を超えるような残業が続く
  • 上司や先輩からパワハラ・セクハラを受けている
  • 厳しいノルマを課されて自爆営業を強いられる

このような状況だと、肉体的・精神的ストレスが溜まってしまいます。
自分の意思とは関係なく体を壊してしまいますから、そうなる前に早く辞めてしまうべきですね。

新卒の内は周りに遠慮してしまって、不満があっても声に出せないことが多いです。
社会経験も無いために、「会社とはこういうものだ」と間違った常識を植え付けられてしまう可能性もあります。

ただ、体が悲鳴を上げている状況は理解できますよね。
それは普通ではありませんから、異常を感じたら勇気を出して辞めるべきです。

失敗を教訓にできれば短期間の退職も悪くない

新卒入社ですぐに辞めてしまうのは、逃げだと思うかもしれません。
でも、どうしても耐えられない会社なのであれば、早目に辞めてしまった方が自分のためになります。

ストレスから解放されるだけで、のびのびと生活することができますよね。
体を壊してしまうと仕事どころではありませんから、健康のためにもノンストレスで働ける環境であることは大切です。

また、早目に退職すれば、新しい可能性が開けるかもしれません。
若い年齢の内から別の道へ進めれば、自分本来の力を発揮できることもあるでしょう。

新卒から3年目までは、第二新卒として優先的に採用してくれる企業があります。
なので、短期間の退職を自分の糧として、次に活かすことを考えれば転職を成功させることができるはずです。

こんな理由ではダメ!まだ辞めるべきではないケース

仕事が嫌になったとしても、自分の努力次第で改善できる場合があります。
退職を考える前に、何とか対策できないかを考えるようにしてください。

新卒時代に安易に辞める癖が付いてしまうと、その後も何度も転職を繰り返すことになるでしょう。
1年未満で退職するのは、やむを得ない事情があったときだけです。

たとえば、以下のようなケースでは、まだ辞めるべきではありません。

  • 人間関係が上手くいかない
  • 仕事が自分に合っていない
  • 給料が低い

人間関係が上手くいかない

よくあるケースが、人間関係についての悩みですね。
上手く職場の輪に入れなかったり、苦手な上司や先輩がいるといったことです。

人間関係は自分にも問題があることが多いので、転職したとしても同じ問題で悩んでしまいがちです。
何とか自力で解決できないかどうか、しっかりと考えるようにしてください。

時間が経てば打ち解けられるかもしれませんし、部署の異動によって解決できることもあります。

仕事が自分に合っていない

仕事が自分に合っていないとしても、すぐに退職しない方が良いでしょう。
どんな仕事でも学べることがありますし、身に付くスキルがあるはずです。
それは自分の財産になるので、簡単に辞めないようにしてください。

転職市場では、1年未満の経歴はキャリアとはみなされません。
嫌な仕事であっても1年以上続ければキャリアと認められるので、転職するときのアピールポイントとなりますね。

給料が低い

給料に不満を感じて転職を考えるのなら、新卒1年目では早すぎますね。
転職市場ではスキルに応じて年収を決定するので、1年目の若手に高い報酬が提示されることはありません。

大卒の初任給は20万円前後ですし、どこの会社でも大して変わらないでしょう。
最初から高収入を目指すのではなく、経験を積んで実力を付けてから年収アップを目指すようにしてください。

十分なスキルを身に付けて即戦力で活躍できるレベルになれば、転職によって年収アップも夢ではないはずです。

会社を辞めるときには円満退職が必須

会社を辞めると決断したら、できるだけ円満に手続きを進めるようにしてください。
上司から引き留められると思いますが、揉めないようにすることが大切です。

なぜなら、1年未満で辞めてしまうと、会社に多大な迷惑を掛けるからですね。
新卒の採用活動で莫大な費用をかけていますし、人件費や教育費用・備品費用などが従業員ごとに掛かってくるわけです。

新卒の内は戦力になりませんから、1円の利益も貢献できていません。
それで辞めてしまったら、会社としては大赤字になってしまいますよね。

だから、自分が迷惑を掛けているのを自覚しつつ、円満に退職ができるようにしましょう。

上司から引き留められない理由を考えよう

「仕事がつまらない」とか「人間関係が嫌だ」など、ネガティブな退職理由を上司に伝えてはいけません。
そういった理由だと上司も認められませんから、高い確率で引き留めようとしてくるはずです。

それだとトラブルになりやすいので、上司が反論しにくい理由を考えるようにしてください。

ポイントとしては、個人的な理由を伝えることです。

たとえば、「家庭の事情」や「健康状態の悪化」といった内容ですね。

  • 両親や祖父母の介護をする
  • 家業を継ぐために実家へ帰る
  • 体調を崩してしまったので働けない

このような理由であれば、上司も引き留めにくいはずです。

必ずしも本当である必要はないので、なるべく波風を立てない理由を考えるようにしましょう。

以上、新卒1年目で退職するときの注意点について解説をしました。

短期間の退職はマイナスイメージですが、状況によっては辞めた方が良い場合もあります。
ただ、安易に辞めるのもダメなので、よく考えて行動をしてください。

-退職についての知識

Copyright© テンショQ , 2017 AllRights Reserved.