転職活動はスケジュール管理が大切!転職で成功するスケジュールの立て方

投稿日:

これから転職活動を始めるなら、スケジュール管理を徹底してください。
転職においては、企業への応募から現職の退職・引き継ぎなど、やることは非常に多いです。

あらかじめ計画を立てておかないと、どんどん期間が延びてしまいます。
活動が長くなるほどモチベーションも下がりやすいので、短期決戦で決めるためにもスケジュールリングが重要となるでしょう。

また、退職交渉に手間取ってしまうことで、内定先企業への入社が遅れるかもしれません。
色々な人に迷惑が掛かりますし、内定の取り消しになる恐れもあります。

ですから、転職活動は計画的に進められるようにしてください。

なぜ転職でスケジュール管理が大切なのか?

限られた時間を有効に活用しなくてはならない

新卒時に就職活動をしているので、転職なんて簡単だと思っている人が多いです。
たしかに、企業へ応募して面接を受けるのは同じなので、そういった感想を持ってしまうのも不思議ではありません。

しかし、就職活動と転職活動とでは、内容が大きく異なります。
同じように考えていると、大きな失敗に繋がるので注意しましょう。

まず、時間が非常にタイトだということが挙げられますね。

就活では1年以上前から準備を開始しますし、学生なので生活の心配もなく余裕をもって活動できるでしょう。

しかし、転職活動の場合には、働きながらの活動だと時間がありません。
離職中の活動であっても、収入が途絶えるために早急に決めなくてはいけないわけです。

複数の企業へ応募して同時進行での選考になるので、面接日の調整などで綿密なスケジュール管理が求められます。
さらに、退職交渉や残務処理などもありますから、それらをトラブルなくこなすためには計画性が欠かせないでしょう。

学生時代とは違って、社会人には使える時間が多くありません。
限られた時間を有効に活用するために、スケジュールを立てて行動できるようにしてください。

転職活動の期間は3~6ヶ月が一般的

一般的に、企業へ応募してから入社が完了するまでは、最低でも3ヶ月は掛かると言われています。
その前から情報収集などを始めるので、トータルで考えると半年くらいは見ておいた方が良いでしょう。

もちろん、人によって使える時間は異なるので、活動期間も変わってきます。

すでに退職しているなら、使える時間が多いので短期間で転職が決まる可能性が高いです。
在職中の転職だと、時間が限られる上に引き継ぎの問題もあるので、やや時間が掛かってしまう傾向にありますね。

転職活動の期間が長引く原因とは?

転職活動が思うように進まない原因は、いくつか考えられます。
その原因について知っておけば、対策をすることができるでしょう。

まず、企業への応募の仕方が大切ですね。
転職サイトの「DODA」が発表したデータによると、転職成功者の平均応募社数は15.7社だとされています。

参照:DODA

全体の約48%は10社以上に応募しているので、相当な数だということが分かりますね。

なので、1社ずつ応募していては、いくら時間があっても足りません。
複数社にまとめて応募しないと、余計な時間をロスすることになるでしょう。

あとは、面接日時の調整も非常に大切です。
複数社に応募するわけですから、面接も同じ時期に重なってしまいます。
忙しい人だと、なかなか時間の都合を合わせられません。

企業によっては選考に時間が掛かることもあるので、それだけ活動期間が長くなる原因となりますね。

内定が出たとしても、現在の会社を辞めるときに揉めることがあります。
上司が退職を認めてくれないことで退職日が延びてしまうことはザラにあるので、上手く説得できるようにしないといけません。

以上のように、転職活動が長引く原因は多く存在します。
これらを上手く克服するためにも、あらかじめスケジュールを立てることが大切なんですね。

スケジューリングで転職の成功が決まると言っても過言では無いので、しっかりと計画を立てられるようにしてください。

計画性が無くて転職に失敗する人の特徴

目標を設定していない

まず最初に、「いつまでに転職するのか」という目標を決めなくてはいけません。
これが無ければ、スケジュールを決めることができないわけです。

ゴールを決めておくと、それに向かって迷わずに進むことができます。
どのようなルートで進むべきかという計画も立てやすいため、目標の設定はかなり重要な項目ですね。

転職で失敗する人は、こういったゴールの設定をしていません。
行き当たりばったりで応募しているから、メリハリのない活動内容となってしまいます。

計画を可視化していない

頭の中で計画を立てていても、それを計画表に落とし込まないと意味がありません。
すぐに忘れてしまうかもしれませんし、細かな調整が必要になったときに整理するのが難しくなってしまいます。

社会人は忙しいですから、毎日のように新しい予定が入りますよね。
色々なイベントが詰まってくると、転職活動にまで頭が回らなくなるでしょう。
結局は、計画自体を忘れてしまって、グダグダになりがちです。

だから、スケジュール帳に細かな日程を書き込んで、いつでも見れる状態にする必要がありますね。
日々の行動レベルまで計画を決めれば、スムーズに活動することができるはずです。

計画の進捗管理をしていない

計画をスケジュール帳に落とし込んでも、それだけでは不十分です。
常に進み具合を確認して、計画を修正しなくてはいけないからですね。

転職活動で失敗する人は、計画を立てただけで満足してしまいます。
少し予定が狂っても修正しないから、全ての計画が後ろ倒しになるわけです。
どんどん計画がズレてしまって、最後には修正が不能になるでしょう。

実は、スケジューリングの中で、進捗管理が最も大切だとされています。
どれだけ綿密な計画を立てたとしても、その通りに進むことは無いからです。
予定外の事態は常に起こりますし、臨機応変に計画を立て直さなくてはいけません。

状況を見ながら改善を繰り返すことが、正しいスケジュール管理だといえますね。

転職活動の全体的な流れについて

スケジュールを立てるためには、転職活動の流れを理解しないといけません。
全体像を理解しておけば、無理のない計画を立てられるようになりますよ。

一般的な転職の流れは、以下のようになります。

  1. キャリアの棚卸し・情報収集
  2. 応募書類の作成・応募
  3. 企業の面接を受ける
  4. 内定通知が出たら承諾するかを決める
  5. 現在の会社の退職手続きを行う
  6. 退職までに引き継ぎを終わらせる

これらのプロセスを3~6ヶ月で完了させるので、上手くスケジュールを組まないと間に合わないでしょう。

特に、面接日時の設定や引き継ぎ作業などは、スケジュール能力が問われます。
なので、時間に余裕をもって設定できるようにしてください。

各プロセスの具体的な内容については、以下のページで解説しています。

転職で勝つためのスケジュール術!ゴールから逆算しよう

スムーズにスケジュールを決めるためのコツは、最初に決めたゴールから逆算することです。
限られた時間の中で確実に目標を達成するために、必ず逆算してスケジュールを設定してください。

これから、そのプロセスについて解説をしていきます。

ゴールを設定する

先述したように、最初に「いつまでに転職するのか」という目標を設定しないといけません。
これがすべての基準となるので、必ず最初に行うようにしましょう。

これをやらずに求人を探し始めても、地図が無いままで歩くようなものです。
行き当たりばったりの活動になってしまうので、多くの時間を無駄にしてしまいます。

だから、「来年の4月」とか「5ヶ月後」とか、明確な日にちを決めるようにしてください。
スケジュール帳に日程を書いておけば、それに合わせて他のタスクを入れることができるので予定通りに進めることができます。

退職のタイミングを決定する

転職の完了日を決定すれば、そこから逆算して退職時期を決めることができます。
引き継ぎや残務処理などを考慮すると、上司に報告するのは最低でも1ヶ月の猶予は必要でしょう。

民法上は2週間前に伝えれば退職できることになっていますが、それでは会社に多大な迷惑を掛けてしまいます。
なので、余裕をもって伝えることが大切ですし、就業規則での規定があるなら従わなくてはいけません。

また、有休の消化やボーナスの受け取りなども考えるなら、それも考慮して退職のタイミングを決定してください。
ボーナスに合わせたり繁忙期を避けるために、転職日をズラす必要があるかもしれませんね。

自分と会社の都合を十分に考慮して、ベストな退職タイミングを見極めましょう。

求人への応募を開始する日を決める

求人に応募して内定をもらうまでには、1か月前後が一般的だとされています。
それを見越して、いつから応募を開始するかを決めてください。

先述の通り、転職成功者の応募社数の平均は15.7社なので、1ヶ月のうちに相当な企業への応募が必要です。
書類選考の通過率は30%程度なので、15社に応募すれば4~5社の面接を受けることになりますね。

面接の日程が集中しますから、まとまった時間を空けなくてはいけません。
有給が残っている場合、その時期に消化できるように準備をするのも良いでしょう。

転職準備を始める日を決める

転職活動は、準備段階で大体の成功が決まると言われています。
周到な準備をしたいので、2~3ヶ月は期間を用意しておいてください。
応募を開始する日から逆算すれば、いつから準備をするべきかが見えてきますね。

準備段階でやることは多いので、期間を長く取っておいて損はありません。
キャリアの棚卸しや応募業界の情報収集、応募書類の作成など、納得のいくまで準備を行ってください。

転職の準備に関しては、以下のページが参考になるはずです。

以上、転職活動のスケジュールについて解説をしました。

スケジュール管理を徹底すれば、無駄を省いて最短で転職を成功させることができます。
ダラダラと活動するとモチベーションが下がるので、メリハリをつけて活動できるようにしてください。

-転職に関する基本知識

Copyright© テンショQ , 2017 AllRights Reserved.