転職エージェントは使うべきか?必要か不要かで迷っている方へ

投稿日:

転職をするときに、転職エージェントを使うべきか迷っている人は多いでしょう。
プロによるサポートが受けられるのは魅力ですが、マイペースに活動したい人には向いていないことがあります。

もちろん、転職エージェントを使っても、すべての人が満足できるとは限りません。
自力で活動したほうが、良い結果が出ることだってあるわけです。

なので、メリットとデメリットを知ったうえで、転職エージェントを利用するかどうかを決めるようにしてください。

ここでは、エージェントを使うべきか迷っている人へ、選択材料としてのヒントを紹介します。

転職エージェントのメリット・デメリット

まず最初に、転職エージェントにおけるメリットとデメリットを知っておきましょう。

メリット

  • 非公開求人を紹介してもらえる
  • 自分の強みを知ることができる
  • 転職活動における手続きを代行してもらえる
  • 企業の社風や人間関係などの内情を知ることができる
  • 面接のシミュレーションをしてくれる
  • 採用担当者へ推薦してもらえる
  • 待遇の交渉を代行してくれる
  • 円満退職のためのサポート
  • 不採用の理由を知ることができる

やはり、最も大きなメリットは、キャリアアドバイザーによるサポートが受けられることですね。
キャリアカウンセリングや求人の紹介、企業への応募や面接日の調整、待遇の交渉など、あらゆることを任せることができます。

忙しくて時間が無い人だと、やることが多すぎて手が回らなくなるでしょう。
転職エージェントを活用すれば、すべてを代行してくれるので、自分でやるのは面接へ行くことくらいです。

仕事をしながらの転職であれば、エージェントを利用する人が多いですね。

デメリット

  • 身の丈以上の転職が難しい
  • 地方の求人には対応しない場合が多い
  • キャリアアドバイザーとの面談が必要になる
  • エージェントの都合で求人を決定されるケースがある
  • 必ずしも求人が紹介されるとは限らない
  • キャリアアドバイザーのスキルに差がある
  • 直接応募に負ける可能性がある
  • 内定後にプレッシャーを掛けられることがある

転職エージェントもビジネスですから、売り上げを重要視しています。
そのため、確実に内定が出る企業でないと、応募させてくれない傾向にありますね。

キャリアアップのための転職を考えている人は、自分が希望する企業に応募できないかもしれません。

また、内定が出た企業に対しては、入社するように強く勧められることもあります。
入社が完了しないと、エージェントの報酬が発生しないからですね。

転職のためのサポートはしてくれますが、必ずしも自分の希望する企業へ入れるとは限りません。

参考:サルでもわかる!転職エージェントのメリット・デメリット

転職エージェントからの人材は企業からの期待値が高い!

企業が求人を募集する方法としては、自社のホームページや転職サイトなどが一般的ですね。
そういった媒体で求人広告を出して、興味のある人材を集めていきます。

ただし、自社のホームページだと、閲覧数が少ないので応募自体が集まりません。
1年中掲載していたとしても、1件も問い合わせが無いこともザラにあります。

一方、転職サイトだと膨大な閲覧があるので、応募はたくさん集まります。
しかし、的外れな応募も多く、書類選考だけでも無駄な時間が掛かるわけです。
また、一人も採用できなかったとしても、掲載料は掛かってしまいます。

このようなロスを防ぐために、企業は転職エージェントを利用するんですね。

エージェントに希望する人材の特徴を伝えておけば、あとは勝手に該当する人材を探してくれます。
急な募集にも対応しているので、企業からすると必要な人材をすぐに確保できます。

紹介された人材を採用した時だけ費用が掛かるので、無駄なコストを支払う必要もありません。
企業からすると、メリットだらけだといえますね。

だから、エージェントから紹介された人材は企業から期待されやすいです。

自社の希望に合う人材を探してもらったわけですから、面接の前から「これは期待できる!」と思われるんですね。

転職エージェント経由で応募した場合、内定をもらえる確率は比較的高くなります。
すぐに転職先を見つけたいなら、エージェントを使った方が良いかもしれません。

自分で転職活動をするときのメリット・デメリット

転職エージェントを使わずに、自分で転職活動をするとどうでしょうか?
こちらにも、メリットとデメリットがあるので、理解をしておきましょう。

メリット

  • 急かされることなく自分のペースで活動できる
  • 好きな求人に応募することができる
  • 周りから指示を出されることが無い

とにかく、自由に活動したいなら、自力で頑張った方が良いですね。
転職エージェントだとサポートがありますが、裏を返すと活動のペースを握られてしまうということです。

心の準備ができていないのに応募させられたり、面接のスケジュールをどんどん詰め込まれたりすることがあります。

デメリット

  • 手続きのすべてを自分で行わないといけない
  • 自己分析が主観だけになってしまう
  • 企業ごとの面接対策ができない
  • 公開求人にしか応募できない
  • 年収や待遇の交渉がしにくい
  • 退職で揉めても自力で解決しないといけない

誰の助けも借りないことが、デメリットに直結しますね。

応募書類の作成や面接日の設定など、すべて自分でやらないといけません。
仕事をしながらの転職活動だと、空き時間や休日をすべて返上する必要があるでしょう。

そして、何事も自分だけで決断することになるので、常に不安が付きまといます。
間違った選択をするのが怖くて、消極的になるかもしれませんね。

あとは、公開求人しか見ることができないのもデメリットです。
転職エージェントだと非公開求人がありますが、自分だけだと転職サイトの公開求人だけで探すことになります。

選択肢が狭くなってしまうので、ハンデを背負うことになるでしょう。

自分に自信がないのなら転職エージェントを使うべき

転職エージェントを使おうか迷っているなら、まずは登録してみることをおススメします。
迷うならやってみろということですね。

キャリア相談を受けてみて、自分の市場価値や業界動向などを教えてもらってください。
それだけでも、転職エージェントを利用する価値はあります。

  • プログラミングなら、どの言語に需要があるのか?
  • 不動産業界での営業経験を、他の業界でも生かせないのか?
  • 広告業界に将来性はあるのか?

気になる情報は、アドバイザーに聞けば何でも教えてくれるはずです。

自分がこれから目指す業界が、本当に将来性があるのかは分かりません。
だから、キャリアアドバイザーに相談してみて、進むべき方向性を明確にしてもらいましょう。

方向がしっかりと定まれば、自分だけでも自信をもって進むことができます。
キャリア相談だけを受けてみて、あとは自力で頑張るという人も多いですね。

もしくは、転職エージェントを利用しながら、自分でも他の企業へ応募することも可能です。
エージェントが応募させてくれない企業があれば、自分から直接応募すれば良いわけですね。

いずれにせよ、無料で利用できるものですから、登録しておいて損はありません。
自分のスキルや将来性に自信がない人は、転職エージェントでサポートを受けてみると良いでしょう。

どれを使えばいい?転職エージェントの正しい選び方

転職エージェントに登録するとしても、数が多すぎてどれを選べばいいのか分からなくなると思います。
大小合わせると1万社以上のエージェントがあるので、迷ってしまうのも当然でしょう。

なので、自分に合ったエージェントの選び方を知っておきましょう。

総合型か特化型か

エージェントには大きく分けて、「総合型」と「特化型」の2つのタイプがありますね。

総合型とは、業界・業種を問わず、あらゆる求人情報を保有しているタイプです。
大手の人材会社が運営しており、幅広いネットワークがあるために10万件以上の求人情報があったりします。

分業制を採用していることが多く、企業の営業マンと求職者のアドバイザーが別々になっていますね。
なので、異業種の情報などを効率よく集めることができるでしょう。

ただ、営業マンとアドバイザーの連携が悪いと、企業の情報が上手く収集できないという欠点もあります。

一方、特化型とは、特定の業界・業種に絞って、求人を集めているエージェントです。
総合型よりも求人数が少なくなりますが、専門性が高くなるのでマッチングしやすいメリットがあります。

中小の業者が運営しているので、企業の営業マンと求職者のアドバイザーを1人で兼任するパターンが多いです。
なので、企業の情報をダイレクトに聞くことができ、詳しい内情を調べやすいといえるでしょう。

でも、特定の分野に偏っているために、異業種への転職などを考えているなら特化型は向いていません。

総合型にしろ、特化型にしろ、どちらにも一長一短があります。
そのため、両方へ登録しておいて、双方のメリットを享受することがおススメです。

参考:絶対に失敗しない転職エージェントの選び方

転職エージェントでの転職を成功させるコツ

転職エージェントへ登録したとしても、必ずしも成功できるとは限りません。
満足のいくサポートが受けられなければ、一人で活動しているのと変わらないからですね。

エージェントもビジネスで行っていますから、求職者を選別してサポートするかどうかを決めています。
全ての人が平等にサポートが受けられるとは限らないということです。

たとえば、あなたがアドバイザーだとして、「やる気のある人」と「やる気のない人」では、どちらをサポートしたいと思うでしょうか?
当然、やる気のある人ですよね。

キャリアアドバイザーは、面談を通して求職者の本気度を見ています。
前のめりでモチベーションが高いほど、手厚いサポートが受けやすくなるので覚えておいてください。

最低限、転職理由と将来のキャリアプランは、具体的に話せるようにしましょう。
具体性が高いほど、目的意識が明確だと判断されますよ。

参考:転職エージェントを最大限活用するためのテクニック

以上、転職エージェントを使うべきかどうかについて解説をしました。

求職者は無料で利用できますし、情報収集のためにも登録しておくべきだと思います。
合わないなら退会すれば良いだけですから、使って損はないといえるでしょう。

-転職エージェントの基礎知識

Copyright© テンショQ , 2017 AllRights Reserved.