シングルマザーは仕事がない?母子家庭でも転職で成功する4つのポイント

投稿日:

最近は離婚が珍しくなくなっているので、母親だけで子供を育てる母子家庭も増えてきました。
元夫からの養育費や慰謝料が十分にあれば良いですが、それが期待できないなら自分も働く必要があるでしょう。

ただ、子育てと仕事を両立するには、できる仕事が限られてきます。
十分な収入と時間を確保しながら働くとなると、現在の仕事を辞めて転職せざるをえないこともありますね。

母子家庭を優遇する企業も増えていますから、ちゃんと探せば理想的な職場を見つけることができるでしょう。
ここでは、シングルマザーの転職について解説をします。

離婚を機に転職をする母親は多い

厚生労働省の発表によると、元々仕事をしていた人で、離婚を機に転職をした母親は47.7%でした。
約半数近くの人が、転職を経験しているということですね。

主な転職理由としては、次の通りです。

  1. 収入が良くない(36.7%)
  2. 労働時間が合わない(11%)
  3. 職場が自宅から遠い(10.7%)

引用:厚生労働省

やはり、経済的・時間的な理由がほとんどとなっています。

子育てをするとなると、食費や学費などで多くの費用が掛かってしまうわけです。
子供が成長するにつれて費用も増えていくので、安定した収入が無ければ生活することができません。

また、時間的な余裕も必要になってきますね。
子供が小さいうちは、風邪をひいて熱が出たりしがちなので、付きっきりで看病しなくてはいけません。
保育所などへ預けているなら、送り迎えの関係から遅くまで残業が難しかったりするでしょう。

独身時代とは環境が大きく異なるので、今までとは違った目線で仕事を選ぶということが大切です。
育児と仕事を両立させるために、最適な仕事を探せるようにしてください。

シングルマザーの仕事選びの4つのポイント

子供を預ける場所を確保する

自分が仕事をしている間に、子供を一人にしておくわけにはいきません。
預かってもらえる場所を確保しないと、働くことはできないでしょう。

近くに実家があるなら頼ることができますが、遠方に住んでいる場合には保育所などを利用することになります。

保育所には、認可保育所と無認可保育所の2つがありますね。

認可保育所は、国に基準を満たして都道府県知事の認可を受けているので、安心して子供を預けることができます。
さらに、公費で運営されていますから、格安で利用できるのもメリットです。

デメリットとしては、数が少なくて人気が高いので入所できる可能性が低いといったことがあります。
ただ、シングルマザーだと、優先的に入れることもあるようです。

一方、無認可保育所は、行政の認可を受けていませんが、24時間保育や習い事を受けられたりとバリエーションが豊富なのがメリットです。
水商売をしていたり、遅くまで働いている母親には、無認可保育所の人気が高くなっています。

サービスが豊富な分、利用料が割高という側面もありますね。
そして、一部には劣悪な保育環境があったりするようですから、ちゃんと実態を把握してから子供を預けなくてはいけません。

いずれにせよ、子供を預ける場所が無ければ、仕事をすることはできないでしょう。
ベビーシッターを雇ったり、託児所完備の会社を探したりなど、色々な方法を模索してみてください。

仕事に求める条件を明確にしておく

子育てという目的がある以上は、どんな仕事でも良いわけではありません。
給料や労働時間、残業の有無、休日の日数など、絶対に譲れない条件が出てくるはずです。

それらを紙に書き出してみて、客観的に整理してみましょう。
自分が求める条件が明確になるので、仕事探しの基準となるはずです。

これをやっておかないと、漠然とした考えで転職活動をすることになります。
入社してから生活に支障が出たりすれば、短期間で転職を繰り返して会社に迷惑を掛けてしまうでしょう。

自分のキャリアにも傷がついてしまうので、今後の転職に影響が出てしまうかもしれません。

理想的な会社を見つけるためには、まずは基準がないといけないわけです。

普段の生活レベルや子供の将来などを考えて、どれくらいの収入が必要なのか、いくらの貯金が必要なのか、どれだけの時間が使えるのかを考えましょう。
そうすれば、自分が目指すべき方向性が見えてくるはずです。

将来性のある仕事を選ぶべき

仕事選びの基準として、収入を最優先に考える人は多いです。
たしかに、生活のためにお金が必要なので、この考えは間違っていません。

でも、目先の収入に惑わされて、将来性を考えないと損をする可能性があります。
子供が自立するまで働き続けないといけませんから、長期的な計画で仕事を探さないといけないわけです。

たとえば、高時給の派遣社員の仕事があったとしても、昇給やボーナスなどが無い場合が多いです。
それであれば、正社員で経験を積んだ方が、長い目で見れば安定した収入を確保できるでしょう。

もしくは、仕事内容に全く興味を持てなければ、やりがいを感じられずに長続きしないかもしれません。
給料だけで仕事を選んでしまうと、思わぬ失敗を招くことがあるんですね。

  • やりがいを持てる仕事かどうか
  • 昇進・昇給が見込めるかどうか
  • 他の企業でも役立つスキルが身に付くかどうか
  • 働きながら資格を取得できるかどうか
  • 将来的に需要が無くならない業界かどうか

上記のようなポイントで考えれば、自分の将来を高めることができます。
仕事選びは長い目で考えるべきなので、長期的な視野で考えるようにしましょう。

シングルマザーを歓迎している会社を探す

シングルマザーは時間的な制約があるので、転職活動で不利になることがあります。
企業側からすると、朝から晩まで働いてくれて、残業や休日出勤もしてくれる人の方が使いやすいからですね。

だから、同レベルのスキルを持っている他の応募者がいた場合、選考で競り負けてしまうことがあるでしょう。

転職活動を有利に進めるためには、シングルマザーを積極採用している会社を探すのが効果的だといえます。
「特定求職者雇用開発助成金」というものがあり、これは就職困難者を雇用した企業に国から助成金が支払われる制度です。

この助成金制度を活用している企業では、母子家庭であっても選考で不利になることはありません。
むしろ優遇される傾向にあるので、仕事が決まりやすいですね。

シングルマザーが向いている仕事

保険の外交員

生命保険などの営業を行う仕事で、成績によって高収入が見込めます。
手取りは13万円くらいですが、契約数が増えると年収1,000万円を超えることもあるようです。

また、基本的に外回りの営業で自分でスケジュールを設定するので、仕事の合間に子供の面倒を見ることもできます。
授業参観や運動会などに参加することもできますよ。

営業成績によって収入が変動しますが、実力があれば稼げる仕事なのでやりがいがあります。
福利厚生もしっかりしており、交通費や退職金の支給などが用意されている企業が多いです。

介護職

日本では高齢社会が進んでいるので、今後は需要が無くならない仕事です。
多様な働き方ができる仕事で、パートや正社員、夜勤など、ライフスタイルに合わせて雇用タイプを変えることができます。

3年以上の実務経験があれば、「介護福祉士」という国家資格を取得できるので、職に困ることは無いでしょう。
ただ、身体的介護が主な仕事なので、体力勝負といった側面があります。

肉体労働が苦手な人は、介護事務の仕事もありますね。
介護施設での受付や介護報酬の請求、電話応対などの事務作業が中心です。
介護事務の資格は短期間で取得可能なので、持っておいて損はありません。

医療事務

女性から高い人気がある仕事として、医療事務がありますね。
資格が取得しやすくて求人も多いため、仕事に困ることは無いでしょう。

勤務先が病院なので、残業もなく時間キッチリに仕事を終えることができます。
シングルマザーの中で人気の高い職種なので、同じ境遇の仲間が見つかるかもしれません。

女性が中心の職場ですから、子供が熱を出したときにシフトを代わってもらったり、みんなで協力しながら働くことができます。

家事代行

主婦としての家事経験が活かせる仕事として、家事代行がありますね。
掃除や料理などが主な仕事内容で、決められたシフトで働ける利点があります。
自分の都合で仕事が入れられますから、時間の融通が利きやすいです。

ただ、パートやアルバイトの雇用形態が中心なので、あまり多くの収入は望めないかもしれません。
なので、空いた時間の副業として、主婦の方に人気の高い仕事です。

シングルマザーが転職で成功するための秘訣

企業側の目線に立って転職活動をする

シングルマザーの人は、自分目線で転職を考える人が多い印象があります。

  • 今よりも収入をアップさせたい
  • 残業はしたくない
  • 自由に休みを取得したい

など、子供がいるなら仕方ないかもしれませんが、自分本位すぎると転職はうまくいきません。

なぜなら、企業からすると応募者の都合は関係ないからです。
どんな企業でも、業務に貢献してくれる人を求めているので、自分のことしか考えない人は必要とされません。

これを理解していないと、転職活動は失敗してしまうでしょう。

なので、「自分が企業に何を提供できるか」ということをアピールしてください。
企業側に採用するメリットがなければ、何社受けたとしても内定をもらうことはできません。

そのために、「自分が持っているもの」と「企業が求めているもの」を明確にする必要があります。
自己分析と企業研究を行うということですね。

それらが上手くできれば、転職を有利に進めることができますよ。
詳しくは、以下のページを参考にしてください。

母子家庭のための支援制度を活用する

行政による母子家庭の支援制度があるので、そういったものを活用することで転職活動を有利に進めることができます。

まず、求人を探すのであれば、「母子家庭就業・自立センター」や「マザーズハローワーク」を利用しましょう。
母子家庭ならではの悩みの相談や求人の紹介などが受けられます。

資格取得を目指したいなら、「自立支援教育訓練給付金」や「高等技能訓練促進費」などの給付金制度も活用できますね。
格安で資格が取得できるようになり、転職に役立つはずです。

転職活動が長期化して生活が苦しくなっても、「児童扶養手当」や「児童手当」、「児童育成手当」などの給付金がありますね。

シングルマザーは、精神的にも大きな負担があるので、このような制度を使うことで早く生活を安定させるようにしてください。
他にも、自治体によって独自の支援をしていることもありますから、問い合わせてみると良いでしょう。

以上、シングルマザーの転職について解説をしました。

仕事と子育ての両立は大変だと思いますが、同じ境遇の女性は多いですし社会的な支援も増えています。
子供のためにも、自部が納得できる仕事を見つけられるようにしましょう。

-女性の転職

Copyright© テンショQ , 2017 AllRights Reserved.